Switch news

World News Odyssey

Pickup

ミサイル防衛が役に立たない?ロシアが開発した新型核ミサイルの動画が恐ろしい

ミサイル防衛が役に立たない?ロシアが開発した新型核ミサイルの動画が恐ろしい
YouTube/Россия 24

ロシアのプーチン大統領は先日、モスクワで演説を行い、新たに開発された核ミサイルの動画を紹介し、自国の軍事力を誇示した。

 

迎撃不可、しかも射程は無制限

 

プーチン大統領は3月1日、モスクワのエキシビジョンセンターで年次報告演説を行い、その中で新たな核ミサイル「RS-28サルマト」を動画と共に紹介した。

 

その新型ミサイルは超音速で飛行し、射程は無制限。しかも迎撃されて撃ち落とされることもなく、NATOのミサイル防衛システムも役にたたないそうだ。

 

またAFPなど他のメディアによれば、そのミサイルは音速の20倍で飛行し、上下に誘導させることも可能、さらにステルス能力を備え、低空を飛行できるという。

 

動画では新型ミサイルがさまざまな障害を避け、地球のあらゆる場所に到達する様子を紹介。さらに搭載された核弾頭が宇宙空間で複数に分かれ、その後トランプ大統領の別荘「「マー・ア・ラゴ」がある、アメリカのフロリダ州へ向かって落下していく様子が描かれていた。

YouTube/Россия 24

「世界で最も強力な核能力を持つ」

 

プーチン大統領は演説で、アメリカが構築してきたミサイル防衛への対抗措置として、この新ミサイルシステムを開発したと説明。「完全に無敵」で「理想の兵器」だと自賛した。また彼は演説で次のように述べている。

 

「ロシアやその同盟国に対する、いかなる核兵器の使用やある種の攻撃を、ロシアへの核攻撃とみなします。それに対抗するために、私たちはどんな重大な結果になろうとも、即座に行動を起こすでしょう。このことは誰も疑いをもっていないはずです」

 

「ロシアはいまだに世界で最も強力な核の能力を持っています。しかし誰も私たちの言うことを聞かなかった。しかし今こそ私たちの声を聞くべきだ。これはまだ終わりではありません。私たちは全く弾道軌道を描かない新しい戦略兵器を開発しました。つまりこのことは、ミサイル防衛が役に立たないことを表しています」

 

長い間、知られていた事実

 

アメリカのホワイトハウスは、プーチン大統領の演説が、ミサイルについて長い間知られていたことを確認するものだと発言。サラ・サンダース報道官は次のように述べている。

 

「ロシアは10年以上の間、(地域を)不安定化させる兵器システムをずっと開発しつづけてきました。しかしこれは直接的な条約(中距離核戦略全廃条約)の義務違反です」

 

プーチン大統領はこのミサイルを「攻撃に使う意図はない」とも述べ、欧米の出方次第で関係改善に応じる姿勢も見せたという。

 

このような新しい兵器が実際に使用されないことを願うばかりだ。(了)

 

下の動画では前半が演説、ミサイルの映像は1分29秒ごろから。

こちらの動画ではミサイルの映像が始まるのは1分37秒ごろ。

出典元:CNN:Putin boasts military might with animation of Florida nuke strike(3/1)

出典元:AFP:プーチン氏 「無敵」新兵器を誇示 米ロの軍拡競争示唆(3/2)

Return Top