Switch news

知っておきたい世界のニュース

ラッキーな青いロブスター、店のスタッフにより調理されず動物園で保護される

ラッキーな青いロブスター、店のスタッフにより調理されず動物園で保護される
Facebook/AkronZoo

アメリカで、ある店のスタッフが食材の中に青いロブスターを見つけ、それを動物園に寄付するというエピソードが紹介されている。

 

調理するより生かした方がいい

 

その店とは、オハイオ州の街、Cuyahoga Fallsにある「レッドロブスター」の支店だ。

 

この店のスタッフはある日、配送された食材の中に青いロブスターを発見。

 

青いロブスターは珍しいため、スタッフは調理するよりも、生かした方がいいと判断し、引き取ってくれる場所を探し始めたという。

 

Akron Zooさんの投稿 2020年7月26日日曜日

At Red Lobster

Akron Zooさんの投稿 2020年7月26日日曜日

動物園に引き取られる

 

そのスタッフは青いロブスターに「Clawde」という名前を付け、カリフォルニア州のMonterey Bay水族館が運営する保護組織「Seafood Watch」に連絡。

 

すると「Seafood Watch」がすぐに引き取り手を見つけ、「Clawde」は「Akron動物園」に預けられることになったそうだ。

 

しかもこの動物園は、「レッドロブスター」の支店からも近い場所にあったとか。

 

「Akron動物園」によれば、青いロブスターは200万匹に1匹の割合でしか生まれないとしており、現在「Clawde」は特別な水槽に入れられているという。

 

Clawde's "man cave"

Akron Zooさんの投稿 2020年7月26日日曜日

 

当サイトでも以前、珍しいロブスターの記事を投稿している。そちらも是非、ご覧いただきたい。(了)

 

捕獲確率は5000万分の1!2つの色に別れた超貴重なロブスターが捕獲される

体の内部も透けている!白く透明な珍しいロブスターが米の沿岸で捕獲される

 

出典元:NYPost:Red Lobster worker saves rare blue lobster, donates to zoo(7/28)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top