Switch news

大リーグでファウルボールが観客席の少女の頭に直撃、病院へ搬送される

大リーグでファウルボールが観客席の少女の頭に直撃、病院へ搬送される
flickr_torbakhopper

アメリカの大リーグの試合中に、ファウルボールが観客席にいた女の子に当たり、その後彼女は病院へ搬送された。

 

ちょうどネットがかかっていない場所

 

その出来事が起きたのは6月23日、ドジャースタジアムで行われた「ロサンゼルス・ドジャース」対「コロラド・ロッキーズ」の試合でのこととされている。

 

女の子は一塁側の前から4列目の観客席に座っており、そこはちょうどネットがかかっていない場所だったという。

 

そして1回裏、ドジャースのCody Bellinger選手が打ったファウルボールが女の子の直撃。頭にケガを負うことに。

 

もっとも女の子はしばらく観客席に座り氷のパックで冷やしていたが、それから15分後には予防的措置をとるため、病院へ搬送されたそうだ。

 

昨シーズンは79歳の女性が死亡

 

病院へ運ばれる前、Bellinger選手は女の子のもとへ行き、容態を確かめたが、その際彼女は「大丈夫」だと答え、親指を立てるジェスチャーをしたという。

 

また病院で女の子を治療した医師は、彼女が質問にもてきぱきと答えたと語っている。

 

Bellinger選手は試合後、スタジアムのネットをさらに伸ばすことを支持すると発表。多くの観客が、ファウルボールを避ける時間がない状況にあると説明した。

 

そもそもドジャースタジアムでは昨シーズンも、79歳のLinda Goldbloomさんがファウルボールに当たり、その4日後に死亡するという出来事が起きている。

 

また30ある全てのメジャーリーグの球場では昨シーズンの初めから、少なくともダグアウト(ベンチ)の終わりまでネットを伸ばす計画を発表したが、今年の5月にもやはりファウルボールが当たった少年が病院へ搬送されたという。(了)

 

 

出典元:NYPost:Fan hospitalized after being hit by foul ball at Dodger Stadium(6/24)

出典元:FOX NEWS:Fan struck in head by foul ball at Dodger Stadium, rushed to hospital(6/24)

Return Top