Switch news

World News Odyssey

Pickup

豪のフリーウェイにワラビーが出現、ぴょんぴょん跳ねながら逃げていく

豪のフリーウェイにワラビーが出現、ぴょんぴょん跳ねながら逃げていく
Twitter/NSW Police‏

オーストラリアの道路上をワラビーが走っているのが目撃され、その動画が公開されている。

 

フリーウェイをぴょんぴょん移動

 

そのワラビーが見つかったのは「シドニー・ハーバー・ブリッジ」。ちょうど車を運転していた人が、1月16日の午前5時頃に発見したという。

 

やがて警察もワラビーが道路を横断する様子を目撃。保護するために、ワラビーを追跡し始めた。

Twitter/NSW Police‏

しかしワラビーはパトカーも気にせず、ぴょんぴょんと移動。その後、立ち止まるも、近寄ってきた警察官の姿に驚いてか、再び飛び跳ねていった。

Twitter/NSW Police‏

その時の様子は動画でも撮影され、延々とワラビーが飛び跳ねて移動する様子が映っている。

Twitter/NSW Police‏

付近のゴルフ場に住んでいた?

 

警察によればワラビーは1150mも走り続け、やがて繁華街にあるCahillフリーウェイへ移動。しかし音楽学校のそばで、追いついた警察によって確保されたという。

 

その後、検査を受けるため近くにあるTaronga動物園へ連れて行かれたそうだ。

 

このワラビーは「スワンプ・ワラビー」または「ブラック・ワラビー」と呼ばれているもので、橋から3kmほど離れたゴルフコースからやってきたと考えられているとか。

Twitter/NSW Police‏

しかし通常は草が生い茂った場所に住んでおり、このようにビルが立ち並び主要道路に直結した都会に現れるのは、非常に珍しいという。

 

目撃者も「ワラビーは田舎でしか見たことない」と語っており、地元の住民もこのニュースに驚いているそうだ。

 

このワラビーは13kgしかない大人のオスで、検査の結果ケガを負っていなかったため、その後自然に返される予定とされている。(了)

 

出典元:BBC:Wallaby captured after hopping across Sydney Harbour Bridge(1/16)

出典元:ABC:Wallaby hops along Sydney Harbour Bridge, surprising early morning motorists(1/16)

Return Top