英のマックでベーコン不足、エッグマックマフィンが食べられない事態に

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

朝食メニューのエッグマックマフィンは人気があるが、イギリスのマクドナルドではそれが食べられない事態になっている。

 

ベーコン不足の店舗は広範囲に及ぶ

 

英誌METROによれば、12月1日にマクドナルドの店舗を訪れた客は突然、ベーコン入りのエッグマックマフィンが購入できない事態に直面したという。

 

原因はベーコン不足。しかもこの影響を受けているのは、DevonやEssex、West Sussex、Greater Manchesterなどにあるマクドナルドの各店とされており、ロンドンにある「Leicester Square」の店舗でもベーコン不足になっているそうだ。

 

この結果、客はベーコンロールやエッグマックマフィン、ベーコンエッグ・ベーグルなどが購入できない事態に陥っているとか。

 

店舗では紙を貼って客に告知する

 

イギリスのマクドナルドは声明で次のように語っている。

 

「現在、私たちはベーコンの供給に関する短期的な問題に直面しています。このためいくつかの店舗では、朝食メニューの一部をご利用になれません。現在、私たちはこの問題をできる限り早く修正するため、供給者とともに対処し続けています。ご不便をおかけして申し訳ございません」

 

またベーコンが不足しているマクドナルドの店舗では、利用客を落胆させないよう、店の入口に紙を貼り、ベーコンを使ったメニューが利用できないことを知らせているという。

このニュースが広がると、さっそくツイッター上にもさまざまな憶測や意見が登場。「マクドナルドは3日間までベーコンを切らしているって」や「短期的な問題?僕はそう思わない」といったコメントも寄せられたとか。

まだイギリスのマクドナルドは、なぜベーコンが不足しているのか原因を説明していない。

 

たかがベーコンとも言えるが、朝食のベーコン入りのエッグ・マフィンを楽しみにしていた人には、残念な結果になっているのかもしれない。(了)

 

出典元:METRO:McDonald’s has run out of bacon and people are losing it(12/1)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •