Switch news

知っておきたい世界のニュース

ニュースの生放送中、気象予報士が自宅の子供に電話、竜巻を警告

ニュースの生放送中、気象予報士が自宅の子供に電話、竜巻を警告
Twitter/NBC4 Washington

アメリカのニュース番組で、生放送中に気象予報士が自宅にいる子供に電話をし、竜巻に警戒するよう呼びかけた。

 

嵐が自宅の上を通過することを知る

 

その気象予報士とは、NBCワシントンのダグ・カンメラー氏だ。

 

彼は3月31日、ニュース番組において、嵐の進路を分析、解説していたという。

 

そしてストリートビューでズームインしながら、カンメラー氏は「嵐がメリーランド州にある自宅の真上を通過する予定です」と述べた。

 

その直後、彼は携帯電話を取り出し、生放送中に自宅にいる息子に掛けて、警戒するよう呼びかけた。

 

スポンサーリンク

自宅には子供たちしかいなかった

 

カンメラー氏は携帯電話で「ケント、いるか?おい、地下室に行ってくれ。竜巻警報が出たんだ。竜巻警報が出たから、お前とキャリー(妹)はできるだけ早く地下に降りてくれ」と述べたという。

 

息子のケント君が「今すぐに?」と尋ねると、カンメラー氏は「そうだ」と答え、ケント君が妹のキャリーちゃんを連れて、地下室へ行き、「10分から15分待て」と命じたという。

 

その後、カンメラー氏は電話を切り、スタジオのカメラに向かって「子供たちに警告しなければならなかった。子供たちは今何をしているか知っているから。おそらくオンラインゲームをしていて、これ(天気予報)を見ていないだろう」と電話をした理由を明かした。

 

実はこの時、カンメラー氏の妻も自宅におらず、当時家には子供たちしかいなかったという。

 

結局、嵐は無事に去り、2人の子供に被害はなかった。カンメラー氏はその後、フェイスブックにおいて「テレビの生放送で電話をかけなければならなかった。こんなことは初めてです」と述べている。(了)

 

出典元:MailOnline:Moment meteorologist calls his KIDS during live broadcast to warn them to get to the basement as he realizes their Maryland home is in the path of a tornado(4/2)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top