Switch news

知っておきたい世界のニュース

奇病の23才女性、膨れ上がった足を晒してモデルの道を行く

奇病の23才女性、膨れ上がった足を晒してモデルの道を行く
Instagram/model.mahoganyyg

アメリカ・テネシー州ノックスビル市に住むMahogany Geterさん(23才)は、先天性のリンパ水腫(lymphedema)という病気で、左足が異常に膨れ上がってしまう。

 

だが、そんな彼女はモデルとして積極的に活動中。そのことがアメリカのニュースメディアで話題になっている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mahogany Geter(@model.mahoganyyg)がシェアした投稿

先天性のリンパ水腫

 

Geterさんは、生まれつきリンパ管系に異常がある。そのため、左足に溜まった体液が排出されないのだ。彼女の場合、痛みはなく、走れはしないが、ゆっくり歩くことはできるそう。メディアのインタビューに答えてこう話している。

 

「100ポンド(約45kg)の余分な重さを引きずっているようなものなので、疲れ果てますね。だから、早く動けなかったり、移動に限界があったりするのは当然なんです」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mahogany Geter(@model.mahoganyyg)がシェアした投稿


そして何より、異様な足が心に与える影響は大きかったという。

 

「こんな体の人間は世界に自分一人しかいないように思えて、子供の頃から孤独でした。神に呪われているように感じられ、心が塞ぎ、いつも泣いてばかりいました」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mahogany Geter(@model.mahoganyyg)がシェアした投稿

モデルにスカウトされる

 

彼女がモデルとして最初に写真を撮ったのは2017年、大手スーバー「ウォルマート(Walmart)」のレジで働いていた時、カメラマンにスカウトされたという。(海外ではいわゆるモデル体型ではないモデルをダイバーシティモデルと呼び、専門のモデルエージェンシーもある)

 

それまで、私生活でも上半身しか写さなかった彼女は、この時初めて、プロとして全身の写真を撮った。その理由は、自分と似た境遇の人たちのためになる、と思ったからだそう。

 

「(スカウトされた時)これは自分のためだけでなく、他の人にとってもいい機会かもしれない。ふとそう思ったんです」

 

他人と違う部分を隠さず写真に撮ることで、Geterさんには自信が生まれたそう。彼女はこう続ける。

 

「私がそうだったように、他の人たちにも自信を持って欲しい。それを願って、私はモデルの仕事に挑戦しているんです」

 

彼女のYouTubeチャンネルインスタグラムには、応援の言葉が多く寄せられているそうだ。(了)

 

出典元:10 News:Aspiring Knoxville model wants to spread message of body positivity in pictures(4/1)

出典元:6 abc WATE:Knoxville woman uses condition to encourage confidence in others(3/31)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top