Switch news

牛にVRゴーグルを装着、生産性アップを狙うロシアの真面目な取り組み

牛にVRゴーグルを装着、生産性アップを狙うロシアの真面目な取り組み

乳牛の精神的ストレスを減らすことで乳の出を良くし、生乳の生産量を増やそうと、ロシアのある牧場がVR(バーチャルリアリティ)ゴーグルを牛に装着する実験を始めた。

 

冗談かと思ったロシアの人たち

 

ロシア・モスクワのラメンスキ地区にあるRusMoloko牧場で行われているこの妙な実験は、ロシアのメディアで大々的に報道された。VRゴーグルを着けた牛の写真が掲載され、それを面白がった人たちが、SNSで拡散した。

 

欧米メディアによれば、最初ロシアの人たちはこれを何かの冗談だと思い、真面目に受け取らなかったらしい。そのためモスクワ農務局は、実験が冗談でないこと、生産性向上を目的として行われていることを再度コメントしなければならなかった。

 

Ministry of Agriculture and Food of the Moscow Region

穏やかな夏の草原を見せる

 

モスクワ農務局は公式サイトで、牛の生活環境と生乳生産量の関係についてこう書いている。

 

オランダ・ヴァーヘニンゲン大学の研究では、牧場の環境は牛の健康状態に著しいインパクトを与え、その結果、生乳の質と量に大きな影響を与えることが分かっています。

また、スコットランド・ルーラルカレッジの研究では、多くの牧場を調査した結果、精神的にポジティブな体験をした牛は生乳の生産性を上げる、ということが明らかになっています。

 

RusMoloko牧場の牛が装着しているVRゴーグルには、穏やかな夏の野原(牧場)の風景が映っているそうだ。灰色の雲に覆われた冬のモスクワの風景は、牛の心を落ち込ませ、乳の出を悪くするらしい。

 

特製の牛用VRゴーグル

 

VRゴーグルは牛用に作られた特製品。牛の頭の形や、目の位置にフィットするように設計されている。また、牛の目は青色や緑色に比べて赤色をより敏感に感知するので、それに応じて色補正された映像が映るようになっているそうだ。

 

Ministry of Agriculture and Food of the Moscow Region

 

こうして心地良い野原の風景を見せられた牛は、実際に乳をたくさん出すようになったか? 実験の第1ステージは終わっているが、現段階では結果は出ていない。

 

「牛が持つ不安は軽減され、群れ全体の感情的な雰囲気は良くなった」と、モスクワ農務局は発表している。(了)

 

出典元:Odditycentral:Russian Cows Wear VR Headsets to Reduce Their Anxiety, Increase Milk Production(11/27)

出典元:VR Scout:Russian Farmers Using VR To Calm Their Cows And Increase Milk Production(11/26)

Return Top