Switch news

知っておきたい世界のニュース

ISの戦闘員が刑務所を襲撃、クルド人部隊と交戦【動画】

ISの戦闘員が刑務所を襲撃、クルド人部隊と交戦【動画】
YouTube/YPG Press Office

シリア北部にある刑務所をIS(イスラム国)の戦闘員が襲い、クルド人部隊などと交戦した。

 

仲間を脱走させるために襲撃

 

1月22日の朝、シリア北部の都市、ハサカにあるGweiran刑務所においてISの戦闘員と、クルド人部隊の間で戦闘が行われたという。

 

前日の21日には、Gweiran刑務所に収容されていた元ISのメンバーが反乱を起こし、所内の毛布やビニールを燃やし始めたそうだ。

 

さらにその日の夜には、刑務所付近で自動車爆弾が爆発。その後、ISの戦闘員が、刑務所内にいる仲間を脱走させるために襲撃したとされている。

 

その後、戦闘は2日間も続き、双方に犠牲者が出たと言われている。下の動画はクルド人民防衛隊「YPG」のメディア部門が撮影した映像。

 

スポンサーリンク

看守などを人質に立てこもる

 

当時、Gweiran刑務所にはシリア民主軍(SDF)によって拘束された、約4000人の元ISのメンバーやその家族の子供たちが収容されていたという。

 

ISが一連の攻撃を開始した後、数十人の受刑者が脱出に成功。その後、ISの戦闘員は刑務所で看守や他の受刑者を人質として立てこもり、大規模な戦闘が行われたそうだ。

 

このためアメリカ主導の多国籍連合軍が空爆を行い、SDFを支援するために装甲車を配備。さらにアメリカ軍やイギリス軍などの特殊部隊が投入されたとの報道もある。

 

スポンサーリンク

子供たちを「人間の盾」として使う

 

24日の夜までに、SDFの部隊は刑務所を包囲。刑務所の北棟では、数百人のIS戦闘員と受刑者たちが、多数の看守や、12歳ほどの子供たち700人を人質にとって立てこもっていたという。

 

SDFはISが子供たちを「人間の盾」として使っていると非難していた。そんな中で、17歳のオーストラリア人は、刑務所から一連の音声メッセージを送信し、空爆で頭にけがをしたとし医療支援を訴え、次のようにメッセージを送ったという

 

「とても怖い。目の前でたくさんの人が死んでいる。出血でいつ死んでもおかしくない状態です。どうか助けてください!」

 

スポンサーリンク

まだ人質とともに刑務所に潜伏

 

24日には少なくとも300人のISのメンバーが自首し、その後も250人のメンバーが投降したという。

 

しかしまだ刑務所には、数十人のISのメンバーが、人質とともに潜伏しているとみられている。

 

 

国連によると、この戦闘により、ハサカの住民も最大4万5000人が衝突から逃れるために自宅から避難しているという。また別の報道では、ISのメンバーが付近の住民の家にも押し入って殺害したと伝えている。

 

シリア人権監視団のラミ・アブドゥル・ラーマン所長は、AFP通信に対し、にらみ合いを終わらせるための話し合いが進められているとし、「もし人質交換の取引がなければ、大虐殺が起こり、何百人もの人々が殺されるだろう」と警告した。(了)

 

 

出典元:Yahoo News:Islamic State Launches Assault on Prison in Northeast Syria(1/23)

出典元:BBC:IS militants surrender as Kurdish-led forces surround Syria prison(1/25)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top