Switch news

ミス・インドの候補者が全員同じように見えるとして、主催者に批判の声

ミス・インドの候補者が全員同じように見えるとして、主催者に批判の声
YouTube/Beauty Pageants

2019年のミス・インドを選ぶコンテストで、候補者の女性が皆同じような容姿だとして主催者に非難の声が上がっている。

 

候補者を発表後、批判が寄せられる

 

このコンテストは「Femina Miss India」と呼ばれ、先日候補者となる30名の女性が選ばれたという。

 

しかし発表されてからまもなく、1つのツイッターの投稿により、主催者側を非難するコメントが寄せられたそうだ。

 

その投稿には、候補者全員の顔写真と名前が映っており、「この写真のどこが悪いのか?」と疑問を投げかけるコメントが添えられていた。

 

肌の色や髪型が全員同じと指摘

 

非難する人々の意見は、大きく2つに分かれる。1つは多様性の欠如を指摘する意見。彼らは次のように述べている。

 

「彼女たちは皆同じ髪型(肩まで伸ばしている)で、同じ肌の色。あえて言わせてもらうけど、身長や姿も似ている」

「多様性のあるインドなんてこんなものさ」

「他の女性たちはどこにいる?彼女たちは参加することも禁止されたのか?」

 

2つ目の意見は、コンテストの審判員があまりにも、西洋的な美の基準に偏りすぎているという点で、次のような意見が寄せられた。

 

「恐らく、このようなコンテストは廃止されるべきだろう。審判員らは西洋の美の基準を長く持ち続けている。その基準は、彼女たちがミス・ユニバースやミス・ワールドへ進んだ時に役に立つのだろう」

「インドの女性を代表しるような、カールされ短い髪型をした、肌の黒い女性が現れる日はいつ来るのだろうか?」

YouTube/Beauty Pageants

有名になりスターへ転身する女性も

 

もっともインドでは、このようなビューティー・コンテストが1990年代以来、大きなビジネスへと発展しており、美を競う大会を通して名声を得る女性もいるという。

 

実際、Priyanka Chopraさんはコンテストで名声を得て、ボリウッドのスターへと転身した女性の1人とされている。

 

またインドでは以前から、女性の肌の白さは美しさの象徴とみなされてきたそうだ。(了)

 

 

出典元:Mirror:Beauty pageant slammed for ‘lack of diversity’ as finalists look eerily similar(5/30)

出典元:Telegraph:Miss India criticised for ‘interchangeable’ fair-skinned contestants(5/30)

Return Top