Switch news

知っておきたい世界のニュース

猛スピードで逃げるロシア軍の戦車、兵士を次々と振り落とし、木に激突

猛スピードで逃げるロシア軍の戦車、兵士を次々と振り落とし、木に激突
Twitter/Defense of Ukraine

ウクライナ軍が進撃を続ける北東部で、慌てて逃げるロシア軍の戦車の様子が撮影された。

 

ロシア兵が道路に投げ出される

 

その動画が撮影されたのは、ウクライナ北東部、ハルキウ州の町、イジューム付近と考えられている。

 

映像はウクライナ軍のドローンが撮影したとみられ、そこには猛スピードに逃げていくロシア軍の戦車の様子が映っていた。

 

しかも戦車の上にはロシア兵が乗っていたが、スピードのため次々と兵士が落下。道路に投げ出されていった。

 

さらに戦車は、急にカーブを曲がってコントロールを失ったらしく、その後木に激突して止まった。

 

スポンサーリンク

30以上の集落を解放

 

この戦車から投げ出されたロシア兵がどうなったのかは、明らかになっていない。しかしイジュームにはウクライナ軍が入っているとの情報もあり、ロシア兵は前線に取り残された形となる。

 

ウクライナのゼレンスキー大統領は先日、ウクライナ軍がハルキウ地方でロシア軍の防衛網を突破し、30以上の集落を解放したと主張した。下はロシア軍の歩兵戦闘車両「BMP-3」が、ウクライナ軍による対戦車ミサイルで、爆破する様子。

 

 

10日にはハルキウ州の町、クピャンスク市もウクライナ軍が奪還したとされ、これによりロシア軍の補給に大きな障害が出ると考えられている。

 

さらにウクライナの国防省は、第130大隊がロシア国境近くの町、ホプティフカに到達したとして、動画をツイートした。

 

スポンサーリンク

ロシア軍が11発のミサイルを発射

 

一方、ロシア軍は11日、ウクライナ東部の地域に合計11発のミサイルを発射。そのうちの2発の巡航ミサイルがハルキウの発電所や水道設備などの、重要インフラに命中したという。

 

このため広範囲にわたって停電が発生。しかしすでに現場ではエンジニアが電力の復旧に取り組んでおり、病院などの重要施設にはまもなく電気が戻ると見られている。

 

またこのインフラへの砲撃により、ハルキウ、スムイ、ポルタヴァ発着の多くの列車に遅れが出ることが予想されているが、11日の時点で運航停止になった列車は1本もなく、全鉄道網で交通が継続されているそうだ。

 

またウクライナ空軍は、ドニプロペトロフスク地域で7発に及ぶロシアの巡航ミサイルを撃墜し、ポルタヴァ地方でさらに2発のミサイルを破壊したと発表している。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Russian troops fall off fleeing tank that ends up in a tree as Ukraine’s forces continue 30-mile advance in to Russian-held areas(9/11)

出典元:The Guardian:Ukraine-Russia war: Missiles hit Kharkiv infrastructure with widespread power cuts reported – live(9/11)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top