Switch news

ニューヨークの金融街、大都会の道端でタカを発見、無事保護される

ニューヨークの金融街、大都会の道端でタカを発見、無事保護される

日本でも最近、都会でミミズクが目撃され話題となったが、アメリカのニューヨークでも野生のタカが見つかり、保護された。

 

ウォール街の近くの歩道にいた

 

タカの目撃情報が寄せられたのは2月19日の朝、場所はウォール街の近くにあるFront通りの道端とされている。

 

目撃したMadeleine Weatherheadさん(27)によれば、その日の午前10時頃、仕事へ行くために道を歩いていた時、歩道の端にタカがいたという。

 

タカは混乱しているようで、遠くを見つめており、すぐ近くに人がいる事実にも注意をむけていなかったそうだ。

 

ツイッターを活用し、救助を要請

 

Weatherheadさんはタカがビルの窓に当たって落ちたと考え、その後ニューヨーク市のAnimal Care Centerへ電話をし、メッセージを残したという。

 

また彼女はタカの写真を撮影。野生動物のリハビリを行っている非営利団体の「Wild Bird Fund」を含む、グループに写真をツイートした。

 

その後、「Wild Bird Fund」は返信し、写真にニューヨーク警察のタグを付け、これを見た警察が2人の警察官を送り、救助にあたったそうだ。

 

 

現場に到着した2人の警察官、Maxwell OutsenさんとJoseph Bellomoさんは、さらに救急サービスへ連絡。隊員らが到着し、タカを毛布で包み、「Wild Bird Fund」へ運んだという。

 

この若いタカはメスのアカオノスリとされ、空中で他のタカやハヤブサと戦って落ちたとみられており、骨は折れていなかったが、クチバシや爪の先端に切れ目があったそうだ。(了)

 


出典元:NYPost:Twitter helps cops rescue injured hawk near Wall Street(2/19)

出典元:Good News Network:When a Stunned Hawk Was Found On a Sidewalk, Social Media Came Together to Rescue It(2/23)

Return Top