Switch news

知っておきたい世界のニュース

南北戦争時代の「魔女の瓶」が、米道路の中央分離帯から掘り出された

南北戦争時代の「魔女の瓶」が、米道路の中央分離帯から掘り出された
William & Mary Center for Archaeological Research

米国バージニア州のハイウエイにある中央分離帯から掘り出されたガラス瓶。それがほぼ間違いなく、南北戦争時代に使われていた「魔女の瓶(witch bottle)」であると分かり、調査に当たっていた考古学者グループが発表した。

 

「魔女の瓶」は、英国や米国の歴史文献に登場しており、邪悪な霊を追い払う効果があるとされている。

 

道路拡張前の発掘で発見

 

瓶が掘り出されたのは2016年のこと。当時、ヴァージニア州ヨーク郡の州間高速道路64号線の下が南北戦争時代の史跡であることが分かっており、拡張工事の際に発掘調査が行われた。

 

見つかった瓶には釘が入っており、当初、釘入れに使われていた何でもない瓶だろうと思われていた。調査を行ったWilliam & Mary考古学研究センターのJoe Jones所長はこう言う。

 

南北戦争時代の北軍は、南軍の襲撃に備えて、砦を修繕・維持する仕事に追われていたはずです。彼らは砦を築いていたのです。そこから考えると、釘を入れておくものは当然必要で、そのために瓶を使ったのだろうと私たちは納得していました。

 

だが、出土したガラス瓶やその周辺の調査が進むうちに、釘入れではなく、北軍兵士が悪霊を追い払うために使った「魔女の瓶」であることが分かって来たという。

 

黒魔術を無効にする力

 

研究センターの考古学者によれば、「魔女の瓶」は黒魔術の効果を無効にするために使われたとのこと。誰かが自分に黒魔術をかけたとき、釘を一杯に入れた瓶を暖炉の下に埋めておくと、熱エネルギーを得た釘が黒魔術を打ち破る、と信じられていたそうだ。

 

魔女の瓶が歴史的文献に初めて登場するのは17世紀のこと。その実物と考えられるものは、海外メディアによれば、英国で200個近く見つかっているそうだ。米国では12個近く発見されており、今回出土したものはその1つということになる。

 

それにしても、南北戦争(1861〜1865)時代の兵士たちが、悪霊を恐れながら戦っていたとは意外に思える。「砦を守っていた兵士たちがどういう状況をくぐり抜けたか、この瓶からそれを垣間見ることができる」とJones所長は言う。(了)

 

出典元:William & Mary Center for Archaeological Research:Civil War-era bottle found on highway median may be rare ‘witch bottle’(1/22)

出典元:UPI:Civil War era ‘witch bottle’ found under Virginia highway median(1/23)

Return Top