Switch news

知っておきたい世界のニュース

この技術がすごい!脳に埋め込まれたセンサーを使い、思念するだけで文字入力が可能に

この技術がすごい!脳に埋め込まれたセンサーを使い、思念するだけで文字入力が可能に
YouTube/HHMI Howard Hughes Medical Institute

頭で考えるだけで、スクリーン上に文字を表すことができる技術が開発され、注目を集めている。

 

文字がリアルタイムで表示される

 

その技術を開発したのは、アメリカのスタンフォード大学の研究者たちだ。

 

彼らは「ブレイン-コンピューター・インターフェイス(BCI)」を開発。このシステムでは、脳に埋め込まれたセンサーを使い、利用者が文字を書くのをイメージした時に発生するシグナルをモニターするという。

 

その後、アルゴリズムは、利用者がどんな文字を書こうとしているのかを見つけるために、神経のシグナルを解読するそうだ。そして文字はリアルタイムで、モニターに表示される。

 

YouTube/HHMI Howard Hughes Medical Institute

94%の正確性を達成

 

研究者は、脊髄損傷のために、首から下が麻痺した65歳の男性に協力してもらい、テストを行っている。その結果、男性は1分間に90文字のスピードで文字を「タイプ」することができたという。

 

 

この速度は同年代の人が、スマホで文字を打つのと同じ速さだと言われている。

 

しかも早いだけでなく、非常に精度も高く、このスピードでは94%も正確に表示することができ、さらに自動修正機能を使えば、正確性が99%に上昇したそうだ。

 

この研究には参加していないカリフォルニア大学のJose Carmena氏は、「この分野での大きな進歩」だと述べている。

 

スタンフォード大学の同研究チームは、以前も、心で「指し示す」「クリックする」という同様の技術を開発し、1分間に約40文字の入力を実現させている。

 

そして今回の技術は、最終的には障がい者の心のコミュニケーションを助けるものになると期待されている。(了)

 

出典元:METRO:Brain implants let you ‘type’ with your mind(5/14)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top