メキシコの美しい滝が大地震によって変貌、地元の人々が自ら流れを元へ戻す

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メキシコで有名な観光地として知られてきた滝が、先日起きた大地震の影響で、大きく変わってしまったことが明らかとなった。

 

水も茶色に変化、コースも変わる

 

その有名な観光地とは、Chiapas州の南部にある滝、「Agua Azul cascades」。もともとは石灰岩に含まれるミネラルの影響で、下流に流れていく川の表面は美しいターコイズブルーを浮かべ、世界中から多くの観光客が訪れていたという。

flickr_Steven Newton

しかし9月7日にChiapas州付近を襲ったM8.2の大地震により、水も茶色に変色。さらに多く岩や泥が溜まり水量も低下、本来の川のコースも変わってしまったそうだ。

 

地元の住民は早くから滝の流れが緩くなっていると警告。政府の専門家もやがて調査をすると約束していたとか。

 

地元の人々がシャベルを手に立ち上がる

 

しかし自然の仕業とは言え、観光業で生計を立てている人にとってこの変化は大問題。地元でビジネスを行っているJuan Manuel Hernández氏も取材に対し「観光客が来なければ、仕事は一切ないのです」と悲痛な胸の内を語っている。

 

そのため地元の人々は自らシャベルやつるはしを手に取り、ついに立ち上がったという。彼らは部分的にでも流れが戻るよう、できるだけ多くの泥を取り除き、岩を移動させたそうだ。

flickr_Justin Otto

この努力の結果、今後滝が元の状態に戻ると見られており、メキシコ当局も1カ月以内に滝が正常に流れる見通しを示したという。

 

9月7日にメキシコ南部の海岸沿いを襲った地震では約100人が死亡し、数百軒の建物がダメージを受け、または破壊されたと言われている。(了)

 

出典元:BBC:Mexico waterfall: Agua Azul cascades return to quake-hit river(11/17)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •