Switch news

知っておきたい世界のニュース

接種しないと給料なしに、ニューヨークで5千人が反対デモ

接種しないと給料なしに、ニューヨークで5千人が反対デモ
Twitter/Jeff #WeWillNotComply@JPfaff1028

米ニューヨーク市長が、市の機関で働くすべての公務員に新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けたことを受け、これに反対する人たちが今週月曜、ブルックリン橋をデモ行進。少なくとも20人が逮捕されたと報じられている。

 

接種しないと無給休暇扱いに

 

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は10月20日、刑務所職員を除くすべての市公務員に、ワクチン接種を義務付けた。これにより、11月1日までに接種を受けない公務員は無給休暇の扱いになり、給料を貰えないことになった。

 

市のこうした措置に対して約5000人が反対の声を上げ、アメリカ国旗を掲げながら「くそったれデブラシオ!」「我々は応じない!」などと叫びながら、ブルックリン橋をデモ行進した。

 

「我々は応じない!」

 

デモ参加者の中には市警察(NYPD)や市消防局(FDNY)のシャツを着た者もいたそう。参加したある女性消防署員は、メディアの取材を受けてこう話す。

 

「これまで大型ハリケーンや雪嵐といった数えきれないほどの災害で頑張ってきて、今、危機に直面しているのよ。私たちは、暮らしの糧を奪うぞ、と脅されている。それも、単に(接種しないことで)自分の体を守るという選択をしただけで。私たちのことは放っておいて欲しい、そして仕事をさせて欲しい。働くことを希望し、遅刻せずに出勤する限り、邪魔はしないで欲しい」

 

市消防局のシャツを着た別の男性はこう言う。

 

「デブラシオ市長は我々を、不道徳で危険な、世の中への脅威ということにしてしまいたいんだ。我々は市民を守り続けたい。市民の皆さんにはそのことを言いたいね」

 

また、「何千もの優秀な警官や市職員が、職を失う危機に直面している」と話す警察官は、権力を持つデブラシオ市長が今後何をやり出すかわからず不安を感じているそうだ。

 

海外メディアによれば、警官や消防士を含め未接種の市公務員は、今週金曜日までに1回目の接種を受けるよう求められている。11月1日までに1回目の接種を受けていない者は、接種を受けるまで無給休暇の扱いになるとのこと。(了)

 

出典元:New York Post:‘We will not comply!’: NYC workers protest vax mandate with march across Brooklyn Bridge(10/25)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top