Switch news

19歳以下女子ラクロス世界大会で、イスラエルの選手がケニアの選手にプレゼント

19歳以下女子ラクロス世界大会で、イスラエルの選手がケニアの選手にプレゼント
Twitter/Kenya Lacrosse

8月10日、「第7回WORLD LACROSSE 女子19歳以下世界選手権大会」が幕を閉じたが、そこで選手同士の心温まる場面がみられた。

 

滑り止めがついたシューズを持っていない

 

先週、カナダのオンタリオ州では、19歳以下の女子ラクロス世界大会が行なわれ、イスラエルとケニアチームが対戦したという。

 

試合の結果は13対4でイスラエル・チームが勝利。しかしその後、イスラエルの選手たちは、ケニアの女子選手がクリート(滑り止め)のついたシューズを履いていなかったことに気づく。

 

その後、数人のイスラエルの選手が、両親に新しいクリートがついたシューズを購入するのを手伝って欲しいと頼んだそうだ。

 

1人1人に新しいシューズをプレゼント

 

そして試合の翌日、大会関係者の助けもあり、イスラエルの選手とケニアの選手が、グランウンドで再会。

 

イスラエルの選手1人1人が、ケニアの選手それぞれのサイズに合った、クリート付きのシューズをプレゼントし、友情を確かめ合った。その様子がこちら。

 

 

さらにその翌日、ケニア女子チームは、ベルギーと対戦。16対9で勝利し、2度目の勝ち星を上げたという。

 

ケニアチームはこの勝利を受けて「地面が滑りやすい状況での今日の勝利は、(イスラエルのラクロスチームと)クリートのおかげです」とコメントし、感謝の気持ちを伝えたそうだ。

 

試合を通して培われた友情。ケニアの女子選手には忘れられない思い出になったに違いない。

 

ちなみに今大会には22チームが参加し、アメリカが優勝。日本の女子選手も健闘し、カナダ、オーストラリア、イングランドに次いで5位となっている。(了)

 

 

出典元:Good News Network:When Kenyan Team is at Disadvantage Because of Their Shoes, Israeli Squad Buys Them All New Cleats(8/13)

出典元:Yahoo News:Israeli lacrosse team buys Kenyan opponents cleats after seeing they don’t have any(8/10)

Return Top