Switch news

知っておきたい世界のニュース

ケノーシャの裁判に抗議する参加者を守るため、武装した父娘が警備

ケノーシャの裁判に抗議する参加者を守るため、武装した父娘が警備
Twitter/@LeosDozen

アメリカで先日、18歳の青年が2人を殺害した裁判で無罪が言い渡されたが、その判決に抗議する人々を守るため、武装した父娘が現れた。

 

昨年8月に起きた殺人の裁判

 

昨年8月にウィスコンシン州ケノーシャの路上で2人の男性を殺害した事件で、11月21日にKyle Rittenhouse被告の裁判が開かれ、無罪が言い渡された。

 

しかしその判決に対し、アメリカのいたるところで抗議デモが行われたという。

 

そしてケノーシャの街でも、約75人が集まり抗議デモが行われ、参加者は「システム全体が有罪だ!」「警官とファシストがアメリカで殺人の許可を与えている!」などと書かれたプラカードを掲げていたそうだ。

 

また、その場にはAR15ライフルで武装した父娘もおり、多くの人に目撃された。

 

武装したカウンター・デモも起きていた

 

その父娘とは、父親のErick Jordanさん(50)と彼の娘のJadeさん(16)だ。

 

Jordanさんらは、デモの主催者から招待され、デモ参加者を守るために行進に参加。判決に憤慨したデモ参加者が、平和的に声をあげられるよう、警備をしていたという。

 

実際この時、デモ参加者は、判決を擁護する武装したカウンター・デモにも遭遇していたが、Jordanさんのおかげで、彼らを気にすることなく、平和的に街を行進できたそうだ。

 

実はJordanさんは、憲法修正第2条の武器を持つ権利を支持しており、昨年8月に抗議デモが起きた際も、地域にあるレストランや2つの駐車場を守るため、武装して警備についていたという。

 

また今回の裁判では、裁判所の外にRittenhouse被告を支持する人たちも集まり、度々騒動が起きていた。このためか、Jordanさんはすでに裁判中に、ライフルや拳銃を携帯し始めていたそうだ。(了)

 

 

出典元:METRO:Daughter and father with AR-15s march with anti-Kyle Rittenhouse protesters to protect them(11/22)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top