Switch news

知っておきたい世界のニュース

豪の山林火災で被害を受けた動物のため、編み物を提供する取り組みが行われる

豪の山林火災で被害を受けた動物のため、編み物を提供する取り組みが行われる
Facebook/Other Perspectives

オーストラリアで続く山林火災。この火災で生き延びた動物たちを救うために、新しい取り組みが行われている。

 

編み物をする人が手袋やポーチを提供

 

その取り組みのきっかけになったのが、ブリスベンに拠点を置く、動物保護団体「Animal Rescue Collective Craft Guild」がフェイスブックページに投稿した呼びかけだったという。

 

彼らは先日、カンガルーの赤ちゃんのためにポーチ(小さな袋)を、足に火傷を負ったコアラなどに手袋(手袋)やブランケット、手編みの巣、セーターなどを必要としていると投稿。さらに作り方などもシェアしたそうだ。

 

 

その後、フェイスブックページは、世界中の人々からの投稿で溢れ返り、支持するとの声が寄せられたとか。

 

そして現在、多くの人が傷ついたコアラやカンガルー、ワラビー、ウォンバット、コウモリなどのために、編み物を作って送っているという。

 

 

下の動画は、カンガルーの赤ちゃんの様子。これらの赤ちゃんは、親が山林火災で死んで、人間によって保護されたと考えられている。

 

絶滅のプロセスを加速させる

 

現在、山林火災によって10億匹以上の野生動物が命を落としたと言われており、シドニー大学の声明によれば、ニューサウスウェールズ州だけでも、8億匹の生物の命が奪われたという。

 

シドニー大学のChris Dickman教授は「このような出来事は、幅広い他の種の絶滅のプロセスを加速させる(急がせる)ことになるかもしれません」と述べている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Australian wildfires: Knitters around the globe unite to knit koala mittens and joey pouches(1/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top