Switch news

知っておきたい世界のニュース

【オランダ】休校中、生徒に会えない先生が編んだ、クラス23人の人形が可愛い

【オランダ】休校中、生徒に会えない先生が編んだ、クラス23人の人形が可愛い
Facebook/Stratford Knit and Sew

ロックダウン中に生徒に会えない淋しさを癒すため、オランダの小学校の先生が手編みした人形。生徒23人それぞれの個性がよく表れていて、「見事だ」「可愛い」とSNSで評判になっている。

 

会えない生徒一人一人への思い

 

オランダのIngeborg Meinster-Van der Duinさんは、北ホラント州ハールレム市の小学校で教える先生だ。新型コロナウイルスの影響で、オランダでも学校は休校となり、現在は一部の地域で授業が再開されつつあるが、Ingeborg先生はこれまで2ヵ月近く生徒に会っていなかった。

 

「生徒たちが学校に来ないのでとても淋しかった」と語る彼女は、ネットで誰かが手編みの人形を作っているのを見て、自分もやってみようと思ったという。編み物の経験はなかったが、やり方を覚え、23人の生徒それぞれの人形を作った。

 

大きさ10cmほどの人形は、どれも一人一人の特徴を写している。日頃の服装をはじめ、髪型やメガネ、顔のそばかすなども似せてある。出来上がった人形の写真を撮り、生徒たちに送ると、誰もが自分の人形がどれかすぐに分かったそう。

 

今ではその写真が、SNSで広くシェアされている。

 

Stratford Knit and Sewさんの投稿 2020年5月2日土曜日

Ingeborg Meinster-Van der Duin, a Dutch teacher at the Haarlem Dr. H.Bavinck school knitted representations of her 23 young pupils, to share with the parents and children online during lockdown from BeAmazed

「先生の人形はないの?」

 

写真を見た生徒や親たちはやがて、人形が1つ足りないことに気づいた。「先生の人形はないの?」という声が、自然に上がったという。これに応えて、Ingeborg先生は自分の人形も作った。自分の人形を手に持った先生の写真を見ると、これもまた特徴が上手く捉えられているのが分かる。

 

Stratford Knit and Sewさんの投稿 2020年5月2日土曜日

 

海外メディアによれば、オランダは現在段階的なロックダウン解除を開始している。Ingeborg先生が子供たちと会える日は近いだろう。学校が再開したときは、人形をそれぞれの生徒にプレゼントするつもりだと先生は言う。

 

また、生徒や親たちからとても喜んでもらえたので、来年受け持つクラスでも同じように人形を作ろうと、先生は考えている。その時はロックダウンなど無くなっていてほしいものだ。(了)

 

出典元:boredpanda:This Teacher Missed Her Students So Much, She Knitted Tiny Dolls Of All 23 Kids In Her Class(5/20)

出典元:Thank’s Good News:Teacher Knits Cute Tiny Dolls Of Entire Class Of 23 Students Because She Missed Them So Much(5/19)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top