Switch news

知っておきたい世界のニュース

米海軍の強襲揚陸艦の艦内で火災、乗組員17名と民間人4名が病院へ

米海軍の強襲揚陸艦の艦内で火災、乗組員17名と民間人4名が病院へ
Twitter/Preston Phillips

アメリカのカリフォルニア州で、港に停泊していた海軍の船が火災を起こし、複数の乗員が病院へ搬送された。

 

強襲揚陸艦の艦内で出火

 

その火災が起きたのは7月12日、場所は同州のサンディエゴにある軍港とされている。

 

当時、港にはアメリカ海軍の強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」が停泊しており、現地時間の午前8時30分頃に艦内から出火。

 

火は燃え広がり、地元の「San Diego Fire-Rescue」の消防隊が駆けつけ、消火活動に当たったという。

 

Wikipedia

17名の乗組員と4人の民間人が病院へ

 

当時、船には160人の乗組員がいたが、そのうちの17名と、民間人4人が救助された後に病院へと搬送されたそうだ。

 

現在、搬送された乗組員などに生命の危険はないものの、そのうち数人が重傷を負い、残りが煙を吸ったことにより治療を受けている。

 

またこの消火活動は難航したらしく、港に停泊していた多くの船が消火作業に協力したという。

 

 

当時、「ボノム・リシャール」には改修工事が施されていたが、まだ出火原因は分かっておらず、現在調査が進められているそうだ。

 

強襲揚陸艦とは、輸送ヘリコプター及び揚陸艇を始めとした上陸用舟艇を搭載・運用する能力を持つ艦のこと。ヘリコプター以外にも垂直離着陸機を搭載しているものもある。(了)

 

 

出典元:ABC News:21 sailors, civilians hospitalized after explosion on San Diego naval ship(7/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top