Switch news

知っておきたい世界のニュース

米で旅客機のエンジンが破損、巨大な部品が地上へ落下

米で旅客機のエンジンが破損、巨大な部品が地上へ落下
Twitter/Broomfield Police/Airport Webcams

アメリカで、飛行している旅客機から、巨大なエンジンの部品が民家付近に落下するという事故が起きた。

 

離陸してまもなくエンジンが故障

 

この事故が起きたのは2月20日、場所はコロラド州にあるデンバーだとされている。

 

事故を起こしたのは「ユナイテッド航空」328便のボーイング777-200。

 

当時、この機体は乗客231名、乗員10名を乗せて、デンバーからハワイのホノルルへ飛行していたという。

 

しかし離陸してまもなく機体右側のエンジンが破損し、複数の部品が落下。あやうく民家を直撃するところだったという。

 

 

下が当時のエンジンの様子。

 

旅客機は低い高度で飛んでいた

 

この様子を地上から目撃していたTyler Thalさんによれば、当時旅客機はいつになく低い高度で飛んでいたという。

 

その後、Thalさんは機体のエンジンが爆発するのを目撃。煙がたなびき、エンジンの部品が落下するのを見たそうだ。

 

その後、旅客機はデンバー国際空港へ緊急着陸。幸いなことに乗客乗員や、エンジンの部品が落下した場所の住民からも、ケガ人などは出なかったという。

 

現在、連邦航空局によってエンジンが破損した原因が調べられているそうだ。(了)

 

 

出典元:KTVU:Plane debris falls from sky onto Colo. neighborhood during emergency landing(2/20)

出典元:METRO:Debris falls onto neighbourhood from sky as plane’s engine explodes mid-flight(2/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top