Switch news

知っておきたい世界のニュース

抗議デモ中警察のゴム弾が睾丸に命中した男性、今後の参加者を守るため提訴

抗議デモ中警察のゴム弾が睾丸に命中した男性、今後の参加者を守るため提訴
YouTube/Los Angeles Police Department

アメリカ・ロサンゼルスで、警官に股間をゴム弾で撃たれたデモの参加者が、市と警察を提訴。撃たれた時の動画がYouTubeに公開されている。

 

睾丸がグレープフルーツ大に腫れ上がった

 

この件を報じている海外メディアによれば、提訴したBen Montemayorさん(29才)が撃たれたのは、昨年6月にロサンゼルス市で行われた黒人差別に抗議する運動「ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter)」のデモ中とのこと。

 

警察はデモ参加者が移動する方向を規制しようとしており、Montemayorさんは警官が指示していると思われる方向に、プラカードを持って歩いていたという。

 

すると、暴動鎮圧用の装備を身に付けた2人の警官が彼に近寄り、プラカードをひったくって彼の身体を後ろに押した。さらに3人目の警官が、10フィート(約3m)と離れていない距離から「意図的にMontemayorさんの股間を狙ってゴム弾を撃った」と、裁判所に提出された文書に書かれているそう。

 

警察は、警官のボディカメラが捉えたこの時の映像をYouTubeで公開している。その場面は4:30あたりから5:00まで。2回繰り返され、2回目はストップモーションになる。

 

YouTube/Los Angeles Police Department

 

 

撃たれたMontemayorさんの睾丸は腫れあがり、右側のものはグレープフルーツ大になったとのこと。また、睾丸の一部は破裂しており、手術で縫い合わせたと伝えられている。

 

今後のデモ参加者を守るため

 

Montemayorさんが起こした裁判は、ロサンゼルス市とロサンゼルス市警察の長であるMichel Moore氏を相手取ったもの。具体的な要求は金銭的な補償だが、警察によるゴム弾の濫用を止めさせる目的もあるという。

 

メディアの取材を受けたMontemayorさんは、人を殺傷しないゴム弾は「無責任に使われ過ぎている」と言い、「ロサンゼルス市警に責任があることをはっきりさせ、今後のデモ参加者を守る助けになればいい」と話した。(了)

 

出典元:Metro:Man’s testicle exploded after being hit by rubber bullet during protest(4/13)

出典元:Los Angels Times:Protester shot in testicles with LAPD projectile last summer files excessive force lawsuit(4/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top