Switch news

知っておきたい世界のニュース

アフリカでサルが生後1カ月の子供を誘拐、赤ちゃんはケガを負い死亡

アフリカでサルが生後1カ月の子供を誘拐、赤ちゃんはケガを負い死亡
flickr_Andreas Kollegger

アフリカで野生のサルに人間の赤ちゃんが誘拐されるという、ショッキングな事件が起きた。

 

家の外で母乳を飲んでいた赤ちゃん

 

その事件が起きたのは6月18日、場所はタンザニア西部のムワムゴンゴ村とされている。

 

誘拐されたのは男の赤ちゃんで、名前はルハイバ・サイードちゃん。生後1カ月の彼は当時、家の外で母親のシャイマさんから母乳を与えられていたという。

 

そこへ野生のサルの集団が敷地内に侵入。ルハイバちゃんを母親からひったくり、誘拐したそうだ。

 

その後、村人らがルハイバちゃんを取り戻したが、彼は頭と首を負傷。病院へ搬送されたが、緊急治療中に息を引き取ったそうだ。

 

スポンサーリンク

村人は力づくで取り戻そうとした

 

キゴマ地方警察のJames Manyama署長によると、村人たちはルハイバちゃんをサルの手から救い出そうと力を行使したという。

 

しかしその結果、サルがルハイバちゃんに襲いかかり、彼を殺してしまったと、タンザニア紙「シチズン」は報じている。

 

また当時、母親のシャイマさんが助けを求めて叫んだため、村人たちは彼女の家に駆けつけ、ルハイバちゃんをサルの群れから取り戻すのを手伝ったという。

 

しかし村人らが力づくで取り戻そうとした時、ルハイバちゃんは頭と首に怪我をしたそうだ。これが死因につながったと考えられている。

 

そのサルがどんな種類なのか、また、どのくらいの大きさだったのかは正確にはわかっていない。

 

警察は、ムワムゴンゴ村がゴンベ国立公園と境界を接しており、動物が侵入する事件は珍しくないとし、市民に危険な動物に注意するよう呼びかけたという。(了)

 

出典元:MailOnline:Monkey snatches and kills month-old baby as the boy’s mother was breastfeeding him: Child taken after animal broke into home in Tanzania(6/20)

出典元:The Citizen:Drama as troop of monkeys snatch baby boy from mother(6/20)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top