Switch news

知っておきたい世界のニュース

米フロリダ州でカテゴリー4の大型ハリケーンが上陸、レポーターも飛ばされそうに

米フロリダ州でカテゴリー4の大型ハリケーンが上陸、レポーターも飛ばされそうに
Twitter/Gifdsports

大型のハリケーンがアメリカ・フロリダ州に上陸し、大きな被害をもたらしている。

 

暴風雨や高潮で被害

 

このハリケーンは「イアン」と呼ばれ、勢力はカテゴリー4とされている。

 

「イアン」は9月28日の午後(現地時間)、フロリダ州の西海岸に上陸。激しい暴風雨を引き起こし、海岸地帯は高潮に襲われたという。

 

 

上陸から数時間後には、カテゴリー3の勢力に弱まったが、依然としてフロリダ州全体に大きな被害をもたらしたそうだ。下は衛星などから見たハリケーンの様子。

 

スポンサーリンク

150万人が停電の影響を受ける

 

アメリカ国立ハリケーンセンターの午後7時の勧告によると、ポートシャーロットの町では最大風速132mph(時速212km)を観測し、最大持続風速は125mph(時速200km)になっていたという。

 

またフロリダ州では停電も相次ぎ、150万人以上が影響を受けているそうだ。下はテレビレポーターが激しい暴風雨の中、飛ばされないよう標識に掴まっている様子。

 

 

こちらはハリケーンを観測していた航空機の内部。投稿者は、こんな激しい状態は初めてだとコメントしている。

 

 

このような被害がある中で、動物たちも苦労しているようだ。セントピーターズバーグの動物園「サンクンガーデン」にいたフラミンゴは、バスルーム(トイレ)で嵐を乗り切ろうとしたという。

 

 

またSNSには、取り残された猫が地元住民の男性によって、救助される様子も投稿されている。

 

 

まだ現在、どのくらいの負傷者や死者が出ているのかはわかっていない。ただ当局者はすでに、復興には数カ月かかるだろうと述べている。(了)

 

出展元:ABC News:Hurricane Ian live updates: Ian downgraded to Category 3 as storm wreaks havoc(9/28)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top