Switch news

知っておきたい世界のニュース

イタリア・マフィアの殺し屋、ピザ屋で働いていたところを逮捕される

イタリア・マフィアの殺し屋、ピザ屋で働いていたところを逮捕される
INTEPOL

マフィアの殺し屋として悪名高い男が、16年間警察から逃れていたが、最近になってフランスのピザ屋で働いていることが判明し、逮捕された。イタリア警察とインターポール(国際刑事警察機構)が発表した。

 

死体を酸で溶かした殺し屋

 

警察当局によると、逮捕した男はエドガルド·グレコという63才の男。彼は有罪判決を受けた殺人犯で、イタリアで最も勢力の強いマフィア組織「ヌドランゲタ(’Ndrangheta)」と繋がりがある。

 

彼は1991年にイタリア·カラブリア州の魚屋で、2人の男性を金属棒で殴り殺している。またその後、留置所内で敵対する犯罪組織のボスを刺し殺したことでも有罪となっている。

 

1991年の殺人の後、3年後に、エドガルドは殺害した2人の墓を掘り起こし、死体を酸で溶かして証拠隠滅を図った。このことが彼の名を世間に知らしめたらしい。インターポールによれば、この殺人もマフィア同士の争いだったとのこと。

 

スポンサーリンク

腕自慢のシェフとしてマスコミに登場

 

エドガルドは警察の手を逃れ、2006年にイタリアから姿を消した。そのため欠席裁判で終身刑の判決を受けた。

 

その後フランスに潜伏していたが、2021年、フランスの新聞「Le Progres」にピザ屋のシェフとして登場。カメラの前でにっこりと笑い、「100%フレッシュで自家製」のピザを自慢した。警察がそれを見逃すはずはなく、今回の逮捕に至った。

 

彼が働いていたのは、フランス南東部の都市サン=テティエンヌにあるピッツェリア。サン=テティエンヌには2014年からパオロ·ディミトリオという偽名で住んでおり、ピッツェリアで働き始めたのは3年ほど前から。客たちからはロッコ(Rocco)という名で呼ばれていたそうだ。

 

「海外に逃亡して、どんなにおとなしく生活しても、正義から永久に逃げることはできない」インターポールの捜査官は、今回の逮捕に関してこうコメントした。(了)

 

出典元:New York Post:Convicted Mafia hitman found working at French pizzeria after 16 years on lam(2/3)
出典元:CBS News:Italian mafia fugitive Edgardo Greco arrested after 16 years on the run, working at pizza restaurant(2/3)
出典元:Interpol:‘Ndrangheta fugitive arrested in France(2/2)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top