Switch news

知っておきたい世界のニュース

オーストラリア森林火災のチャリティで販売中「コアラを抱く消防士」の人形が可愛い

オーストラリア森林火災のチャリティで販売中「コアラを抱く消防士」の人形が可愛い
Popcultcha

オーストラリア・ジーロング市のトイショップ「Popcultcha(ポップカルチャ)」で売られている、消防士の人形が可愛い。

 

オーストラリア森林火災のチャリティのために発売されたこの人形、世界中から引く手あまたで、「すでに何万個も売れている」と海外メディアが報じている。

 

利益の全額を寄付

 

これは米国のおもちゃメーカー「FUNKO(ファンコ)」が作っている、ビニール製フィギュアシリーズ「POP!」の中のひとつ。オンラインショップ「Popcultcha」と共同開発した特別限定品だ。オーストラリア森林火災で命がけで活躍した(そして今も活躍中の)消防士たちがモデルになっている。

 

Popcultcha and Funko are teaming up to help provide assistance to Australian wildlife that has been left devastated by…

Popcultchaさんの投稿 2020年2月5日水曜日

 

名称は「ブッシュファイア・ヒーローズ」。(オーストラリアで発生する森林火災はブッシュファイア(bushfire)とも呼ばれる)森から焼け出されたコアラを救出する消防士の写真が、メディアによく掲載されているが、この2頭身のヒーローも同じようにコアラを抱きかかえている。

 

「FUNKO」がこれを作ったのは、チャリティが目的。人形の売り上げから出た利益の全額が、オーストラリアの森林火災チャリティ団体「RSPCA Bushfire Appeal」に寄付される。発売されたのは2週間ほど前だが、すでに日本円にして数千万円の利益が出ているそう。

 

世界から注文が押し寄せる

 

この人形は世界中からたくさんの注文があると、販売している「Popcultcha」のマーケティング担当・Andy Walkerさんは言う。

 

これまで何千、何万と、まるで狂ったように売れています。世界中でこれほどの人気が出るとは全く信じられません。玩具コレクターたちは、発売をアナウンスする前から飛びついて来ました。

 

米国やヨーロッパ諸国、メキシコ、ニュージーランドを始めとした世界の小売業者からも、仕入れ注文が殺到しているそうだ。

 

人形のデザインは消防士たちへのトリビュート(賛辞)だ、とWalkerさん。

 

我々のデザインチームとFUNKOのデザインチームが共同で作り上げたデザインは、人の心に触れるトリビュートです。その目的は、この森林火災で失われた野生動物を救い、回復させることにあるのです。

 

「ブッシュファイア・ヒーローズ」はPopcultchaのオンラインショップで、期間限定で売られている。日本円での値段は1体約1566円。海外配送してもらえる。(了)

 

 

出典元:Mail Online:Thousands of figurine firefighters cuddling koalas are sold across the globe – raising more than $700,000 for animals injured in the bushfires(2/18)

出典元:Popcultcha

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top