Switch news




シンガポールで巨大な水上竜巻が発生、撮影された多くの動画が大迫力

シンガポールで巨大な水上竜巻が発生、撮影された多くの動画が大迫力
YouTube/Mathieu Sneep

先週末、シンガポールで巨大な水上竜巻が発生し、多くの動画や画像が撮影された。

 

接近するに従い巨大化

 

水上竜巻が起きたのは5月11日の朝、場所は南部にある港、Tanjong Pagarターミナルの付近とされている。

 

これが発生した時、多くのSNSユーザーが撮影し、動画や画像などを投稿した。

 

目撃者の女性、Grace Ngさんによれば、午前9時ごろに見た時には、水上竜巻は非常に弱く、消えたり現れたりを繰り返していたが、接近するに従い巨大化していったという。

 

しかし陸地に近づいた時には勢いが弱くなり、その数分後に消え、全体で15分から20分ほどの出来事だったそうだ。

 

毎年3つの水上竜巻が発生

 

またDavid Johnsonさんと妻のTeri Caldwellさんによれば、水上竜巻の上空には黒い雲があったものの、当時風や雨は強くなかったという。

 

しかも竜巻は長く続かず、10分ほどしたら消えてしまい、その30分後に雨が降ってきたと述べている。

 

シンガポールの国家環境庁は、以前から同海域において毎年3つの水上竜巻の発生が報告されていると指摘。しかしやはり陸地に近づくと、急速に勢いが衰えてしまうそうだ。

 

 

また水上竜巻は一般的には、海上での雷を伴った強烈な嵐と結びついているが、すべての嵐が水上竜巻を形成するわけではないため、発生を予想するのは難しいという。

 

水上竜巻は海の水を吸い上げているように見えるが、そうではなく竜巻内部の雲(水蒸気)が渦を巻いていると考えられている。

 

シンガポールでは昨年1月にも、東沿岸沖で水上竜巻が発生。強い風が発生し、ボートや公園内にあったゴミ箱などが飛ばされたそうだ。(了)

 

 

出典元:CNA:Waterspout near Tanjong Pagar Terminal startles residents(5/11)

出典元:THE STRAITS TIMES:Large waterspout spotted near Tanjong Pagar Terminal(5/11)

Return Top