Switch news

知っておきたい世界のニュース

5月なのにニューヨークで雪を観測、驚いた多くの人がネットにも投稿

5月なのにニューヨークで雪を観測、驚いた多くの人がネットにも投稿
Twitter/David Rompf

日本では5月に入ってすでに気温30度を記録した地点もあるというのに、アメリカのニューヨークでは雪が降り始め、多くの人々を驚かせた。

 

雪の映像を多くの人が投稿

 

アメリカ北部では5月9日から北極の極渦が南下し、上空に冷たい空気がもたらされたという。

 

このため母の日である5月10日にかけて、ニューヨークには雪が降り、驚いた多くの人々が映像をネットに投稿した。

 

下の動画では、車の屋根にうっすらと雪が積もっているのが分かる。

 

6つの観測地点でも雪を確認

 

ナショナル・ウェザーサービス・ニューヨークも5月9日にツイートし、州内の6箇所の観測地点で早朝に雪を観測したことを報告している。

 

しかもニューヨーク州の一部では、2月全体で降る雪よりも、5月に多く降雪が観測された場所もあったとか。

 

 

この日の降雪は、最も遅く雪が観測されたものとして、1977年の記録に並ぶと言われている。

 

出典元:MailOnline:Freak MAY snow storm compounds lockdown misery for New Yorkers with thousands taking to Twitter in disbelief as flurries fall in Central Park and parts of the state seeing more snowfall than all of February(5/10)

Return Top