Switch news

知っておきたい世界のニュース

2年間もタイヤが首についたヘラジカ、人間に保護され、無事に取り外される

2年間もタイヤが首についたヘラジカ、人間に保護され、無事に取り外される
Twitter/CPW NE Region

アメリカで長い間、タイヤが首に巻き付いたヘラジカが保護され、それが取り外された。

 

2019年に初めて目撃される

 

そのヘラジカとは、2019年にコロラド州のマウント・エバンス原野で、野生のヤギや羊の個体数調査の時に、発見されたという。

 

ヘラジカは4歳半のオスで、なんと首には車のタイヤが引っかかっていたそうだ。その後ヘラジカは、州内のパーク郡からジェファーソン郡の間を行き来しながら暮らしてきたそうだ。

 

しかし10月9日、デンバーの南西部でそのヘラジカが目撃され、通報を受けた野生動物局の職員が急行。鎮静剤を打ち、ヘラジカの首からタイヤを取り外すことに成功した。

 

角を切断し、タイヤを取り外す

 

野生動物局の職員はこの1週間で4回も捕獲を試み、ようやく保護することができたという。

 

しかし、タイヤのビード部分にはスチール製のワイヤーがついていたため、それを切断できず、結局、野生動物局の職員らはヘラジカの角を切断しなければならなかったという。

 

 

そのタイヤは16kgもあったが、取り外してみると、意外にもヘラジカの首の状態は良かったそうだ。保護したドーソン・スワンソン巡査は、次のように語っている。

 

「毛が少し抜けていて、5セントか25セント硬貨くらいの小さな傷が1つ開いていましたが、それ以外はとても良い状態でした」(了)

 

出典元:The Guardian:Elk with car tyre stuck around its neck for two years is free at last(10/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top