Switch news

知っておきたい世界のニュース

カナダの湖で珍しい現象、岸辺が無数のボール状の氷に覆われる

カナダの湖で珍しい現象、岸辺が無数のボール状の氷に覆われる
YouTube/ViralHog

カナダで数年に一度しか起きないと言われる珍しい現象が発生し、その様子が撮影された。

 

40年住んでいる住民も初めて

 

その現象が起きたのは、マニトバ州のマニトバ湖に面した街、Steep Rockとされている。

 

11月20日、その街の湖の岸辺が、ボールの形をした氷で埋め尽くされたという。

 

マニトバ州に40年も住んでいるPeter Hofbauerさんも、「パンケーキ状の氷は見たことがあるが、何千もの球状の氷は見たことがない」と語っている。

 

岸辺で波や風がある時に発生

 

専門家によると、このような現象は気温が氷点下になり、湖面が硬い氷の板にならないよう、岸辺付近で風や波がある時に発生するという。

 

ただこのようなボール状になる現象は比較的稀なため、原因はまだよく分かっていないそうだ。

 

また今年は、湖が凍るのがいつもよりも遅かったともいわれている。

 

以前フィンランドのビーチにも、このような丸い氷が漂着したことがあるが、そちらの記事も是非ご覧いただきたい。(了)

 

フィンランドのビーチに無数の丸い氷が出現、波打ち際を埋め尽くす

 

出典元:Numerous rare ice formations in Canada’s Lake Manitoba makes people go wow(11/27)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top