Switch news

World News Odyssey

Pickup

成層圏にスプレー?温暖化の進む地球の気温を下げるための画期的な案とは

成層圏にスプレー?温暖化の進む地球の気温を下げるための画期的な案とは
Pexels

我々の暮らす地球において、温暖化は確実に進行しつつある。

 

一方そんな現状に終止符を打つべく、地球の気温を下げる計画が科学者らによって真剣に議論されている。

 

化学物質を空気中にスプレー?

 

この研究を発表したのは米国のハーバード大学とイェール大学の研究者らで、研究報告は先月23日発行の英国の科学雑誌『Environmental Research Letters』に掲載されたもの。

 

計画においては“成層圏エアロゾル注入(stratospheric aerosol injection)”という手法を用いる。

 

この内容とは化学物質を空気中にスプレーすることで、太陽熱を宇宙へと反射させてしまうというもので、大規模な火山の噴火が発生した際に起こる寒冷化現象を真似たものだ。

 

Pexels

実際にどのようなことが行われるのか

 

しかし化学物質を空気中にスプレーすると簡単に言っても、実際にどのようなことが行われるのか。

 

この際に用いられる化学物質は、二酸化硫黄だ。

 

一方、これを放出させる高度について研究報告の共同執筆者であるWake Smith氏は、仮に二酸化硫黄を通常の航空機が飛行する高度1万メートルほどの高さに放出したとしても、重力の影響により数日間で雨と共に地上へと降り注がれてしまうことを指摘している。

 

それに対して成層圏に放出させた場合には、二酸化硫黄は1年から18カ月ほど、その場に留まるとのこと。

 

つまりこの計画において使用される飛行機は、通常の飛行機の巡航高度と比較してその2倍もの高度へと達しなくてはならないため、二酸化硫黄を運ぶことが出来ると共にそのような高度に達することができる飛行機の建設が計画のネックとなってきそうだ。

 

Pexels

実現のためのコストはおいくら?

 

一方、気になるのはこの計画の実現可能性だ。

 

研究者らによると、この計画は技術的には実現可能で、またそのための準備にかかる時間は15年ほど。

 

それにかかる費用は35億ドル(約3946億円)ほどで、二酸化硫黄は安く手に入りやすいため、この費用の多くは成層圏へとスプレーのタンクを運ぶことが可能な飛行機の建設費用となるとのことだ。

 

他方で一たび技術的な準備が整えば、その後15年間計画を継続させるとして、年間の維持費は22億5000万ドル(約2536億8000万円)になるとのこと。

 

ちなみに世界では毎年環境保全技術のために約5000億ドル(約56兆3737億円)のコストがかかっており、これと比較するとこの技術が安く済むものであることがおわかりだろう。

 

科学界からも支持する声相次ぐも…

 

成層圏にスプレーを注入するという手法は、一見荒唐無稽なもののように思えるかもしれない。

 

しかし今回発表された研究に対しては、科学界から相次いで支持する声が上がっている。

 

カリフォルニア大学で気候変動への対策等を研究するKate Ricke氏は、この計画のコスト面での相対的な安さを強調しつつ、「この研究報告は、私には合理的で系統的なものに思える」という。

 

またカーネギー研究所(Carnegie Institution for Science)のKen Caldeira氏もこの計画に賛同する人物の一人。

 

「政府による計画は莫大な費用がかかることが多いが、総合的に見てこの計画には疑問点が何らない。私には合理的に思える」としている。

 

一方、この計画が実現されたとしても、地球温暖化がこれまでもたらしてきた気候変動の影響を全て相殺できるわけではない。

 

研究報告の共同執筆者Wake Smith氏は、グリーンランド等における氷河の溶解を例に出し、こう述べる。

 

「我々が計画によって再び地球を凍らせる、あるいは寒冷化させたところで、溶けた氷は海から地上へと戻るわけではない。グリーンランドの氷は数百万年にも及ぶ降雪の結果だ」

 

Pexels

 

また成層圏に二酸化硫黄を放出するという計画がもたらす副作用についてはまだ明らかとなっていないことも多く、さらに計画の実現に当たっては政府の関与も免れない。

 

この計画の実現にはまだまだ多くの壁が存在することも事実だろう。

 

地球温暖化の影響が少しずつ自然環境を蝕みつつある現在。化学物質を成層圏に放射するとは斬新な発想にも思えるが、それにより地球温暖化を食い止めることが出来るのであれば、試してみる価値はあるのではないか。(了)

 

出典:NBC News:Scientists say controversial plan to cool the planet is doable(11/29)

出典:ScienceAlertSpraying Aerosols Into The Sky to Cool The Planet Is ‘Technically Possible’, Harvard Scientists Find (11/26)

Return Top