Switch news

知っておきたい世界のニュース

200年前に書かれたバレンタインデーの手紙がオークションへ、果たして恋の行方は?

200年前に書かれたバレンタインデーの手紙がオークションへ、果たして恋の行方は?
HANSONS

非常に珍しい、202年前に書かれたバレンタインデーの手紙が、イギリスでオークションにかけられた。

 

1818年2月14日に送られた手紙

 

その手紙は1818年2月14日に届けられたもので、差出人はバーミンガムで当時、文房具の販売や製本の仕事をしていた男性、Edmundus Burnさんだという。

 

彼はこの手紙を、東ロンドンのスピタルフィールズに住む女性、Lydia Shafeさん宛に送ったそうだ。そのタイトルは「心からの愛の誓約」で、Burnさんの誠実な愛情が表現されていたという。

 

これは手書きの手紙で、ハートの形や花、キューピッドの矢などが描かれ、今回「Hansons auctioneer」のオークションにおいて1300ポンド(約18万6000円)で落札された。

 

HANSONS
HANSONS

アマチュア歴史家が調べた結果…

 

この手紙は発見されたのち、アマチュア歴史家の女性、Brenda Piperさんによって調査されたという。彼女は次のように述べている。

 

「私がその手紙を見た時、そこにはよく知っているロンドンの住所や地名が書かれていました。そのため自分が彼女を探せるかどうか、試みることに抗えませんでした」

 

「そして私はL Shafeさんの結婚の記録を探しました。そして見つけたのです。Lydia Shafeさんは1819年12月28日にセント・レナード教会で、Edmundus Burnさんと結婚していたのです」

 

そして2人が結婚後、イングランド南部のブライトンの街で暮らし、5人の子供に恵まれたことも明らかになったという。

 

愛を告白したバレンタインデーの手紙。二人が結婚できたのも、この手紙がきっかけだったのかもしれない。(了)

 

 

出典元:HANSONS:Did romantic Brummie win girl’s heart with one of world’s oldest and rarest Valentines?(2/12)

出典元:BBC:Valentines letter from 1818 sells for £1,300(2/14)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top