Switch news

知っておきたい世界のニュース

いつも笑っているような顔の希少なカメ、保護プロジェクトで絶滅を免れる

いつも笑っているような顔の希少なカメ、保護プロジェクトで絶滅を免れる
Facebook/Steven Platt

繁殖に成功し、川への放流が始まった希少なカメ「ビルマオオセダカガメ(Burmese roofed turtle)」。いつでも笑っているように見えるこのカメの写真が、Facebookで公開されている。

 

20年前に絶滅したと思われたが

 

かつて「ビルマオオセダカガメ」は、ミャンマーを流れるエーヤワディー川の河口から山奥に至るまで広く生息していたが、魚の乱獲の影響を受けて個体数が著しく減少。1990年頃には絶滅したと考えられていた。

 

ところが2001年、地元住民が食べたこのカメの甲羅が見つかり、研究者が川や沼を捜索したところ、さらに生きたカメが数匹発見された。

 

 

その後、ミャンマー森林局、野生生物保護学会(Wildlife Conservation Society)、国際的なカメの保護団体である「Turtle Survival Alliance」の3者が協力して本格的な保護プロジェクトを開始。ミャンマーの各地で捕獲されたカメやその卵は、マンダレー市内の動物園に集められ、そこで人工繁殖が行われた。現在、個体数は1000匹近くまで増え、3カ所の施設に分散して飼育されているほか、5年前からは川への放流も始まっているそうだ。

 

 

危機は脱したものの

 

保護プロジェクトをリードした野生生物保護学会の爬虫類学者・Steven G Platt氏は、海外メディアにこう話す。

 

「とても危ないところでした。我々の保護活動がもう少し遅れていたら、このカメは完全に消えていたでしょう」

 

 

 

だが、そう安心もしていられない、とPlatt氏は言う。今のミャンマーの漁獲法が続く限り、このカメが自然の中で繁殖し続けるのは難しいそうだ。こうした状況はすぐには変えられないらしく、「私が現役でいる間に勝利の旗を掲げることはできないだろう」と彼は言う。

 

また、「ビルマオオセダカガメ」の生態はよく分かっておらず、繁殖に必要な自然条件についても不明な部分が多い。このことも保護活動を難しくしているそうだ。(了)

 

出典元:The New York Times:A Turtle With a Permanent Smile Was Brought Back From Near Extinction(9/3)

出典元:Metro:Rare turtles with permanent smile brought back from brink of extinction(9/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top