Switch news

知っておきたい世界のニュース

氷のケースに入った男性、2時間以上も冷たさに耐え記録更新

氷のケースに入った男性、2時間以上も冷たさに耐え記録更新
YouTube/faz

先日、オーストリアで男性が、氷の箱にどのくらい入っていられるかに挑戦し、自らの記録を更新した。

 

2時間30分以上もケースに入り続けた

 

その男性とは、Josef Koeberlさん。彼は9月5日、北東部のニーダーエスターライヒ州にある街Melkで、氷が満たされたガラスケースに、水着だけを付けた状態で入ったという。

 

そしてケースの中に肩まで沈み、2時間30分57秒も冷たさに耐え続け、自らの記録を更新したそうだ。

 

その時の様子は、YouTubeでも公開され、かなり過酷な挑戦だったことが伺える。

 

前向きなことを思い浮かべる

 

その氷の量は200kg以上もあり、この挑戦は冷たさからくる「痛みの波」との戦いだったという。

 

このためKoeberlさんは、ポジティブな感情を抱くことに集中したと述べた上で、次のように語っている。

 

「私はポジティブなこと思い描き、目に浮かべながら痛みと戦い続けました。だから私は痛みの波を弱めることができました。これが、私が耐えられた方法なのです」

 

YouTube/faz
YouTube/faz

来年はロサンゼルスでも挑戦

 

Koeberlさんは昨年も同様の挑戦を行っており、今回は前回よりも30分長く記録を伸ばすことができたという。またこの記録は現在、世界記録にもなっているそうだ。

 

さらにKoeberlさんは来年もアメリカのロサンゼルスで、再びこの記録に挑戦する予定だとか。

 

ちなみに氷から出てきた時、Koeberlさんがいつも最初にすることは、足を暖めるために靴下を履くことだという。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Frozen, the sequel: Austrian man beats own record for longest immersion in ice cubes(9/6)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top