Switch news

知っておきたい世界のニュース

ISSの宇宙飛行士がヨーロッパの上空で、爆発のような青い光を撮影

ISSの宇宙飛行士がヨーロッパの上空で、爆発のような青い光を撮影
flickr_Thomas Pesquet

国際宇宙ステーション(ISS)にいる宇宙飛行士が、ちょっと珍しい現象を撮影し、写真を投稿している。

 

欧州宇宙機関に所属する宇宙飛行士

 

その宇宙飛行士とは、欧州宇宙機関(ESA)に所属するThomas Pesquetさんだ。

 

彼はこれまでにもISSにおいて美しいオーロラや、地球の大気の様子などを撮影し、ネットに投稿してきた。

 

そして先日、ヨーロッパの上空で何かが爆発するような、青い光を撮影した。

 

flickr_Thomas Pesquet

「超高層雷放電」と呼ばれる大気現象

 

実はこれは爆発ではなく、「超高層雷放電(transient luminous event)」と呼ばれる大気現象とされている。

 

「超高層雷放電」は、高度20–100kmの成層圏、中間圏、下部熱圏にかけて起こる、放電による発光現象のこと。簡単にいうと、地上からは見えない大気の上層部に稲妻が現れるものだ。

 

Pesquetさんは写真の中で、次のように述べている。

 

「この稲妻の魅力は、ほんの数十年前まではパイロットの逸話として語られていた、ということです。つまり科学者たちも、実際に存在すると確信していなかったのです。数年前にさかのぼって、エルフやスプライトが実在し、気候にも影響を与えている可能性があることが確認できました」

 

NASA

 

NASAによれば、このような高層大気中での雷には、「スプライト」や「エルフ」「ジャイアント」など、さまざまなカラフルな現象があるという。(了)

 

 

出典元:METRO:What’s this weird blue explosion photographed from the space station?(10/11)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top