シベリア上空に異様な虹色の球が出現、ミサイル実験とオーロラの融合か

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ロシア上空で異様な球状の光が姿を現し、地元ではUFOではないかと話題となっている。

 

巨大な球状の光が迫ってきた

 

この奇妙な現象が目撃されたのは、シベリア北部にあるヤマロネネツ自治管区のSalekhard(サレハルト)という街。

そこでは10月26日の夜、森の奥から明るく輝く球体が浮かび上がり、ネットでも「UFOに乗った宇宙人が現れた」などとコメントが寄せられ、話題になったという。

 

最初に目撃した有名な写真家のSergey Anisimovさんは、取材で次のように語っている。

 

「最初、私は数分間呆然としました。何が起きたのかわかりませんでした。輝く球体が木の背後から昇ってきて、私の方へ迫ってきたのです。最初、私は強力なサーチライトかと思いました。しかし全てが変化していくスピードからして、その考えは変りました。その球体は弓状になり、やがて霧消していきました」

VK/Alexey Yakovlev

VK/Alexey Yakovlev

VK/Alexey Yakovlev

「エイリアン!」「世界の終わりだ」

 

またここから840km離れたTomsk地域の北部、Strezhevoiという街でこの光景を目撃したAlexey Yakovlevさんも、次のように語っている。

 

「最初、私はそれが珍しい何かが発光しているのではないかと思いました。しかしそれは徐々に拡大を始めました。そこでこれは発光しているのではないと明らかになったのです。ただ私が1人ではなかったことは良かったと思います。グループの人々がいたので、それにより幻覚ではないことが明らかになったからです」

 

またAnastasia Boldyrevaさんは「エイリアンが来た!」とコメント、さらにVasily Zubkovさんも「私は世界の終わりかと思いました」と述べている。

VK/Alexey Yakovlev

VK/Alexey Yakovlev

大陸間弾道ミサイルの発射テストをしていた

 

実はこれはオーロラ現象と考えられているが、それだけではない。

 

Siberian Timesによればこの時、ロシア西部にあるプルセツク宇宙基地では、東部の太平洋側、カムチャッカ半島にあるKuraテスト場へ向けた、「Topol-M」という大陸間弾道ミサイルの発射テストを行っていたという。

 

実際、このテストがロシア戦略核部隊によって26日に行われたことは、ロシアの国防大臣によっても確認されているそうだ。

 

そして打ち上げられた「Topol-M」ミサイルの航跡と虹色のオーロラが組み合わさったことで、このような球状の光が出現したと考えられている。(了)

 

 

出典元:Siberian Times:Reports of spectacular UFO – a giant glowing ball lighting the sky – in Siberia(10/27)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •