Switch news

知っておきたい世界のニュース

コロナがぶり返す中国で、綿棒の検査強制が拷問レベルに

コロナがぶり返す中国で、綿棒の検査強制が拷問レベルに
Twitter/浩哥i✝️i🇺🇸iA2 @S7i5FV0JOz6sV3A

中国は、新型コロナウイルスの感染を徹底して抑え込む「ゼロコロナ」政策を固持している。それによって感染者数は少なくなり、失われる人命も減るのは確かだろう。

 

しかし、「ここまでやるのか」と思えるような現地からの動画がネットに上がり始めている。まるで冗談のような光景なのだが、見ているうちに少し恐ろしくなる。

 

地面に押さえつけて強制検査

 

4月の末からツイッターに出回っているある動画は、中国のソーシャルメディア「Weibo(ウェイボー)」に投稿され、そこからツイッターに拡散したものらしい。映っているのは、中国の検査センターとおぼしき場所での出来事だ。

 

まず最初に見えるのは、男性の背中。彼は、一人の女性を地面に組み伏し、馬乗りになっている。仰向けになった女性は抵抗しているようだが、男性はその手を膝で押さえつけて封じ込み、女性の顎をつかんで口を開かせる。そこに待ち構えていた医療従事者が、検査用の綿棒をさし込もうとする。

 

 

この動画は、いつどこで撮られたものかはっきりしていない。また、映っている場面の前後の文脈も不明だ。女性が組み伏せられるに至った事情も分からない。その点からは、信憑性がないとも言えるのだが、似たような強制検査の動画は他にもアップされている。

 

スポンサーリンク

高齢者を数人がかりで押さえつけ

 

下にあるのは高齢の女性を、屈強な男性数人が羽交い締めにして検査している動画だ。その下は、保健当局の職員らしき集団が、一人の高齢男性を床に押さえつけている場面。

 

 

新型コロナの検査は、人に危害を加えるものではないが、こんなふうにして検査された人の自尊心はどうなってしまうのか心配になる。だがその一方、こうした徹底ぶりが、一定の効果を上げているのも確かだろう。

 

海外メディアによれば、現在ロックダウン中の北京では大々的な検査が週に何度も行われており、ロックダウン解除の見込みが出てきたとのこと。上海ではそう上手く行っておらず、出口はまだ見えていないそうだ。(了)

 

出典元:NDTV:Viral Video: Chinese Woman Pinned Down, Covid Test Done Forcibly(5/5)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top