Switch news

知っておきたい世界のニュース

エミネムがファストフードのカウンターで働いていた!客もびっくり

エミネムがファストフードのカウンターで働いていた!客もびっくり
Instagram/districtdetroit

めったに人前に姿を現さないと言われているアメリカのヒップホップスター、エミネム(Eminem)が、ファストフードのカウンターで働いていた。

 

もっともその店のオーナーは彼自身で、店に居ても不思議はないのだが、カウンターで本人から注文品を手渡された客たちは驚いたようだ。

 

デトロイト市の「Mom’s Spaghetti」

 

その店は、ミシガン州デトロイト市の中心部、ウッドワード・アヴェニュー(Woodward Avenue)にある。店名は「Mom’s Spaghetti(ママのスパゲッティ)」。

 

海外メディアによると、メニューは3つしかないそう。一番のウリは店名と同じ「Mom’s Spaghetti」で、これはトマト味のシンプルなスパゲッティらしい。値段は9ドル(約1000円)と、あまり安くはない。「Mom’s Spagetti」にミートボールをプラスすると12ドル(約1340円)になる。もう1品、パンにスパゲッティを挟んだ「Spagetti Sandwich」というメニューがあり、こちらは11ドル(約1230円)。

 

Mom’s Spagettiという店名は、2020年に大ヒットした彼の曲「ルーズ・ユアセルフ(Lose Yourself)」の歌詞から取ったものだそう。確かに歌詞の中には「あいつのセーターにはすでに吐いた跡がある ママのスパゲッティだ(”There’s vomit on his sweater already/ mom’s spaghetti” )」という一節がある。

 

店のオープンは先月29日。下にあるのはその前日にアップされたYouTube動画だ。最初と最後に数秒間だけエミネム本人が登場している。また、カウンター(道路に面した窓口)で商品提供する彼を写した写真も、SNSに投稿されている。

 

 

View this post on Instagram

 

Wealth Builder(@wealthhuslter)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

@vitrinmagazinがシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Diana Acosta(@diana.star)がシェアした投稿

史上最も売れたラッパー

 

エミネムは、白人でありながら、黒人優位のヒップホップ界で成功した稀なアーティストと言っていいだろう。グラミー賞を15回、アカデミー賞を1回受賞している。また、アルバムやシングルを全世界で2億2000万以上販売(Wikipedia)した、「史上最も売れたアーティスト」の1人であり、史上最も売れたラッパーでもある。(了)

 

出典元:The IndianExpress:Eminem opens restaurant called Mom’s Spaghetti, turns up in person to serve customers(10/3)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top