switch

World News Odyssey

ベルリンの住民が家賃高騰に激怒、空き家のビルを占拠し抗議活動を行う

ベルリンの住民が家賃高騰に激怒、空き家のビルを占拠し抗議活動を行う

ドイツの首都、ベルリンで安い住宅を増やすよう要求するため、これまでにない抗議活動が行われ、注目されている。

 

多くが住宅に困っているのに空き家が多い

 

その抗議活動が行われたのは5月20日で、参加者は9つの空き家となっているビルを占拠。住む家がなく困っている人が増えているにもかかわらず、多くの空き家が残っている矛盾を訴えた。

 

彼らは占拠した部屋に家具や家電製品を持ち込み、窓から横断幕を掲げ、政府に公正な家賃を設定するよう、または人々が利用できる安い住宅を作るよう要求したという。

 

もっともこれらの活動は平和的に行われ、翌日(月曜日)の昼までには警察の介入により、全ての空き家から参加者が立ち退いたとされている。

 

ただしこの行動は現在のベルリンの住民が置かれた状況を象徴する行為だとして注目され、ネットでも#besetzenというハッシュタグが広まったそうだ。

 

 

住宅を購入できない住民が増加

 

実はベルリンでは近年、家賃が高騰し、不動産会社が購入した多くのビルも数年間、空き家の状態になっているという。

 

同時に数万人の住民が手頃な値段の住宅を購入することができず、ホームレスも増加しており、深刻な問題になっているそうだ。

 

そもそもベルリンでは歴史的に見ても、昔から安い住宅が中心部にあり、高級な家はむしろ郊外に多く立ち並んでいたとされている。

 

しかし過去十数年の安い家賃と、強力なテナント保護の法律によって、人々は住宅を購入するよりも賃貸を余儀なくされ、現在も85%の人々が賃貸で暮らしているという。

 

にもかかわらず最近、家賃が高騰したため、人々がついに行動を起こす事態となる。

 

 

空き家が使われることを要求

 

今回、抗議に参加した人々はブログにおいて、複数の言語でこの問題について報じ、「私たち、自ら決意したベルリンの住民は、空き家の住宅や貧困、立ち退き、居住空間の欠如というバカバカしいことを、もはや受け入れるつもりはない」と宣言。

 

その上で不動産会社や州によって所有された空き家が、必要とされている安い住宅を生み出すことに使われるよう要求したという。(了)

 

出典元:euronews:Berlin squatters occupy buildings to protest homelessness, gentrification | Euronews answers(5/21)

出典元:ABC News:Activists occupy 9 vacant Berlin buildings in rent protest(5/20)

Return Top