初めて火星に降り立つのは女性?NASAで訓練中の女子高生に注目が集まる


現在、NASAで宇宙飛行士になるための訓練を受けている、アメリカ人の女子高生が注目を集めている。

 

最年少で実践プログラムを卒業

 

その少女とはルイジアナ州、Baton Rouge,という街出身のAlyssa Carsonさん(17)。そもそも彼女は9つの州に14施設あるNASAのビジターセンター全てに行き、NASAのパスポートプロジェクトを終えた最初の人間だとされている。

 

またAlyssaさんは最年少で、実践的に宇宙飛行を学ぶプログラムのAdvanced Possum Academyへ入学し、卒業。これにより公式に宇宙飛行士の訓練を受けることが認められたそうだ。

 

そんな彼女の夢は火星に降り立つ最初の人間になること。そのためAlyssaさんは2033年に開始される火星へのミッションに参加するため、今から宇宙飛行士になる訓練に励んでいるという。

 

高校にも通い、トレーニングもこなす

 

ただしAlyssaさんは、宇宙飛行士の訓練を受けているだけではない。

 

実は彼女はNASAのトレーニングを受けながらも高校にも通っており、全ての課題を英語や中国語、フランス語、スペイン語で学んでいるという。

 

そんな忙しい日々を送っているAlyssaさん。時間がなく、若い年齢でトレーニングをこなすことが課題となっているようだが、今のところ見事にやり遂げているそうだ。

 

 

ただ友人によれば、彼女は自分自身が結婚できないこと、家族を持てないことなどを理解しているという。

 

それでもAlyssaさんは自分の夢を叶えるため、その問題を脇へ置いて、強い思いでトレーニングに取り組んでいると言われている。

 

つらいこともあるかもしれないが、宇宙飛行士となり、火星へのミッションに参加し、どうか自らの夢を叶えていただきたい。(了)

 

 

出典元:boredpanda:NASA Is Preparing This Girl To Become The First Human On Mars And She’s Only 17(7/6)

出典元:MailOnline:Space-obsessed girl, 17, ‘is working with Nasa to realise her life’s dream of becoming the first human on Mars’ as the agency plans a mission to the red planet for 2033(7/6)