Switch news

知っておきたい世界のニュース

「娘は英王室を破壊した」メーガン妃の実父が娘を批判

「娘は英王室を破壊した」メーガン妃の実父が娘を批判
Twitter/The Duke and Duchess of Sussex

ヘンリー王子とメーガン妃が英王室の主要メンバーから外れることについて、メーガン妃の実の父親がテレビ番組で語った。

 

ドキュメンタリー番組に出演

 

その父親とは、トーマス・マークルさん(75)。彼はメーガン妃が幼い時に妻と離婚しており、ヘンリー王子との結婚式でも心臓に問題があったために出席していなかったという。

 

そのトーマスさんは先日、イギリスの放送局「Channel 5」のドキュメンタリー番組「Thomas Markle: My Story」に出演。

 

番組の中で、娘のメーガン妃やヘンリー王子の今回の決断について批判し、英王室の権威を失墜させたと主張した。

 

 

下はトーマスさんがSky Newsで語った時の様子。

 

「英王室を破壊した」

 

トーマスさんは、次のように語ったという。

 

「英王室は、これまで最も偉大で、長く続いてきた制度です。彼ら(ヘンリー王子とメーガン妃)は、その英王室を破壊しました。彼らは王室をみすぼらしいものにしてしまった。彼らは王室を、冠のついたウォルマート(スーパー)のようにしてしまったのです。それは非常にバカげたことです。彼らはそれをし続けるべきではありません」

 

また彼は「Megxit(2人が王室から離脱すること)」を聞いた時、ショックを受けたとして、次のように述べている。

 

「どんな若い女性も、プリンセスになりたいと思っています。そして娘はそれを手に入れた。そして今は、それを放り投げようとしているのです。まるでお金のために王室の地位を放り投げようとしているように見えます。恐らく300万ドル(約3億円)もする、26のベットルーム(実際は11部屋)の家も、彼らには十分ではなかったのでしょう。それは私にとっては恥ずかしいことです」

 

トーマスさんが言う家というのは、彼らの新居となった「フロッグモアコテージ」のことで、以前3億円以上の税金が使われて改装されたが、今回の王室離脱により、ヘンリー王子らはその当時の費用を払うことになったという。トーマスさんはその上で、次のように続けた。

 

「彼らは王室の一員であり、また王室を代表するという義務を引き受けたのです。私は彼ら2人が現時点で、魂が失われたように見えます。私には、2人が自分たちの探しているものを理解しているとは、思いません」

 

メーガン妃はトーマスさんとの手紙のやり取りを、メディアが公開したことについて著作権侵害だと訴え裁判になっている。

 

この点については、BAZAARで詳しく報じられているので、そちらも参考にしていただきたい。(了)

 

 

出典元:PageSix:Meghan Markle’s dad accuses daughter of ‘destroying’ the royal family(1/19)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top