Switch news

知っておきたい世界のニュース

「原爆を落とす必要はなかった」米有力紙が異例の論説を掲載、書かれた内容とは?

「原爆を落とす必要はなかった」米有力紙が異例の論説を掲載、書かれた内容とは?
flickr_Mark Gunn

アメリカの有力紙・ロサンゼルス・タイムズが8月5日、「原爆を落とす必要がなかった」とする異例の論説を掲載した。どんな内容だったのか、まとめてみた。

 

「戦争を終わらすため」と考えられてきた

 

その記事によれば、アメリカでは75年間、「広島や長崎に原爆を落としたのは、第2次世界大戦を終わらせるためだった」との考えが受け入れられてきたという。

 

また日本本土へ侵攻した場合、数十万のアメリカ軍兵士や、数百万人の日本人が犠牲になるため、原爆を落とすことは可能な限りの人道的な方法だったと考えられてきたそうだ。

 

しかしながら、アメリカや日本からの膨大な歴史資料によって、原爆を落とさなくても日本は8月に降伏していた可能性があり、トルーマン大統領や側近らもそのことを知っていた事実が示された、と論説には書かれている。

 

無条件降伏が唯一の障害

 

戦争末期、連合軍は日本に対し無条件降伏を要求していたが、それを受け入れれば、当時「神」と考えられていた天皇が戦争犯罪人として処刑されることを、多くの日本人が恐れていたという。

 

実際、マッカーサー元帥の南西太平洋方面軍による研究は、天皇の処刑と「キリストの磔刑」とを比較していたそうだ。

 

また東郷茂徳外務大臣も当時、アメリカとの和平交渉においてソビエトを仲介させようと画策していた佐藤尚武大使(駐ソ)に対し、「無条件降伏が、平和への唯一の障害である」との電報を送っていた。

 

しかし8月8日にソビエトが日本に宣戦を布告。これが全てを変え、日本のリーダーたちもそれぞれが早急な降伏の必要性を認識したという。

 

トルーマン大統領も日本の敗北を確信していた

 

一方で、トルーマン大統領は、傍受された7月12日の東郷外相の電報に「天皇が平和を求めている」と書かれていた事実を認識。

 

またソビエトによる侵攻が、完全に日本を敗北させることになると理解していたそうだ。

 

実際、7月17日にドイツのポツダムで行われたサミットの後、トルーマン大統領は日記において「ソビエトが予定通り動いている。彼(スターリン)は、8月15日に日本との戦争に入るだろう。これが起きた時、日本は終わりだ」と書いていたという。

 

ソビエト参戦で日本が降伏を決断

 

そして8月8日にソビエトは、当時日本が統治していた満州へ侵攻。日本のリーダーたちは、2つの国との両面で戦争を遂行することはできず、日本の領土が共産主義のソビエトに乗っ取られることは悪夢と考えた。

 

実際8月13日に、鈴木貫太郎首相はソビエトが満洲や朝鮮、樺太だけでなく、北海道まで侵攻してくるだろうとして、一刻も早くアメリカと交渉をして降伏しなければならないと説明。

 

ソビエトの侵攻が日本の基盤を破壊するかもしれず、直ちに戦争を終わらせる必要があると語ったという。そして8月15日に日本は無条件降伏を受け入れる。

 

「原爆は日本軍に影響を及ぼさなかった」

 

ワシントンD.C.にある「アメリカ海軍国立博物館」の原爆が展示された銘板には、次のように書かれているという。

 

「広島や長崎での爆弾によって引き起こされた大規模な破壊、そして13万5000人の日本人の命が失われたことは、日本軍にはほとんど影響(インパクト)を及ぼさなかった。しかしながら、ソビエトの侵攻が軍部の気持ちを変えた・・・」(もっともネットには、原爆の効果などがわずかに加えられている)

 

また1945年当時の7人の米陸海軍の将軍たちも、「原爆は軍事的に不必要だったか、倫理的に非難すべきものだったか、またはその両方だ」と語っており、その音声記録も残っているそうだ。

 

さらにトルーマン大統領付きの参謀長だったWilliam Leahy海将も、次のように備忘録に書いていたという。

 

「広島や長崎への野蛮な武器の使用は、日本に対する戦争において何の支援にもなっていない。すでに日本は敗北し、降伏の準備を進めていた。それを最初に使った存在として我々は、(中世の)暗黒時代の野蛮人たちに共通する倫理基準を採用してしまった」

 

マッカーサー元帥も原爆は「許しがたいもの」と考えており、ハーバート・フーバー元大統領に対し次のような手紙を送っていたそうだ。

 

「もしトルーマンが、あなた(フーバー元大統領)の賢く政治家としてふさわしいアドバイス、日本に天皇は維持されると伝え、降伏条件を変更せよ、というアドバイスに従っていたら、日本は受け入れていただろう。私はそれを疑わない」

 

この論説は、複数の大学教授などの連名で掲載された。(了)

 

出典元:LA Times:Op-Ed: U.S. leaders knew we didn’t have to drop atomic bombs on Japan to win the war. We did it anyway(8/5)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top