Switch news

知っておきたい世界のニュース

ガラパゴス諸島の島で火山が噴火、ガスと灰の雲が太平洋上に広がる

ガラパゴス諸島の島で火山が噴火、ガスと灰の雲が太平洋上に広がる
Twitter/Parque Galápagos

エクアドルのガラパゴス諸島で、最も高い山が噴火し、噴煙などが太平洋上に広がっている。

 

イサベラ島にある火山が噴火

 

その山とは、ガラパゴス諸島最大のイサベラ島にある、標高1701m(1707mとの報道も)のウルフ火山だ。

 

エクアドル地球物理学研究所によれば、この火山は1月5日の真夜中前(現地時間、6日との報道も)に噴火が始まり、溶岩が山肌から噴出したという。

 

またガスと灰の雲は、海抜3793メートルまで上昇、太平洋上に広がっているそうだ。

 

Twitter/Parque Galápagos
Twitter/Parque Galápagos
Twitter/Parque Galápagos
Twitter/Parque Galápagos

住民には直ちに危険はない

 

イサベラ島の対岸には人口が密集しているエリアがあるが、ただちに住民に危険は及ばないという。

 

ただし、国立公園の警備員や、火山の斜面に生息するピンクイグアナのフィールドワークをしている科学者を含む8人が、噴火エリアから避難したそうだ。

 

またAFPによれば、現地の自然保護官と科学者のチームは7日、噴火によるピンクイグアナへの影響はないことを確認したという。

 

ウルフ火山はガラパゴス諸島にある数多くの活火山の1つとされ、2015年にも噴火している。その際も、野生動物への影響はなかったそうだ。(了)

 

出典元:The Guardian:Galápagos islands volcano erupts spewing lava and clouds of ash(1/7)

出典元:AFP:ガラパゴス諸島で火山噴火 希少イグアナ生息の島(1/8)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top