Switch news

知っておきたい世界のニュース

狭い峡谷をプライベートジェットが飛行、撮影された動画がスリリング

狭い峡谷をプライベートジェットが飛行、撮影された動画がスリリング
YouTube/airailimages

アメリカの峡谷で、プライベートジェット機が飛行する、スリル溢れる動画が撮影された。

 

デス・バレー国立公園内の狭い峡谷

 

その峡谷とは「レインボー・キャニオン」。ロサンゼルスから北に約160マイル(約257km)離れたデス・バレー国立公園内にあるという。

 

先週の初め(1月4日)、ダッソー社の「ファルコン8X」というプライベートジェット機が、この峡谷を低空で飛行し、その様子が撮影された。

 

「ファルコン8X」は全長80フィート(約24m)、最大19人が乗れ、最高速度は時速500マイル(約800km)に達するそうだ。

 

スポンサーリンク

プロモーションで撮影か?

 

この動画を撮影したのは、航空写真家のChristopher McGreevyさん。彼によれば、このプライベートジェットは、午前と午後に、合計20回は峡谷を飛行していたという。

 

またMcGreevyさんは、今回の飛行が新型ジェット機のプロモーション・ビデオになると聞いているそうだ。

 

実際、このジェット機の後ろには、「シネジェット」と思われるハリウッドの飛行シーンを撮影するための飛行機がついていたとか。

 

スポンサーリンク

過去には戦闘機が激突、パイロットが死亡

 

この峡谷は、通称「スターウォーズ・キャニオン」と呼ばれるほど峠が狭く、2019年にF/A-18スーパーホーネットが渓谷の壁に激突し、パイロットが死亡。見学していた7人も負傷したという。

 

以来、軍用機は1500フィート(約457m)より低い渓谷を飛ぶことが禁止されたそうだ。ただし民間機に関しては、飛行が許可されているとか。

 

また過去には、ジェット機が時速200~300kmで峡谷を疾走し、峡谷の底から200フィート(約61m)の低さで飛行したこともあるという。下は今回の飛行のフルバージョンになる。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Real life rebel pilot! Incredible moment a PRIVATE JET roars through a narrow pass in California’s ‘Star Wars Canyon’(1/7)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top