Switch news

知っておきたい世界のニュース

完全自動運転車が子供のマネキンを認識せず、何度も轢いてしまう実験結果が恐ろしい

完全自動運転車が子供のマネキンを認識せず、何度も轢いてしまう実験結果が恐ろしい
Twitter/Dan O'Dowd@RealDanODowd

コンピュータソフトウェアの危険性に警鐘を鳴らすアメリカの団体「The Dawn Project」が、ショッキングな実験結果を発表した。完全自動運転モードで走らせたテスラ車が、前方に置かれた子供サイズのマネキンを認識せず、何度も轢いてしまったというのだ。

 

減速せず、避けようともせず

 

実験は6月21日、カリフォルニア州にあるサーキットコース「ウィロースプリングス·レースウェイ」で行われた。

 

公表されたレポートによると、用いられた車はテスラ モデル3(2019年式)。自動運転のためのソフトウェアは、6月1日にリリースされたばかりのFSD Beta 10.12.2.だ。

 

車は、コーンを並べて作った直線コースを完全自動運転モードで走る。その途中に、子供のマネキンが(静止した状態で)置かれている。車はどうしたかというと、「人の目には(マネキンが)はっきり見えるにもかかわらず、それを避けようともせず、スピードを落とすこともなかった」。

 

実験は3回行われたが、3回とも車はマネキンを認識せず、時速約25マイル(約40km/h)で轢いてしまった。

 

スポンサーリンク

テスラの完全自動運転モードを禁止するキャンペーン

 

「The Dawn Project」は、テスラの完全自動運転用ソフトウェアを禁止する運動を開始し、今回の実験映像を使ったキャンペーン動画をツイッターに投稿している。

 

 

「The Dawn Project」の創設者であるDan O’Dowd氏は、「テスラの完全自動運転ソフトウェアは素晴らしい、とイーロン・マスクは言うが、実際は違う。それはアメリカ国民の命を脅かす脅威だ」と話している。(了)

 

出典元:MailOnline:‘Deeply disturbing’ video appears to show a Tesla in full self-driving mode repeatedly running over a child-sized mannequin in ‘controlled test conditions’(8/9)

出典元:The Dawn Project:Safety Test Reveals Tesla’s Full Self-Driving Software Repeatedly Hits Child-Sized Mannequin(8/9)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top