Switch news

知っておきたい世界のニュース

イラン当局、抗議デモに参加した男性の死刑を執行

イラン当局、抗議デモに参加した男性の死刑を執行
Twitter/Masih Alinejad

イランで抗議デモが始まって以来初めて、参加した男性が有罪判決を受け、死刑が執行された。

 

道路を封鎖し、治安部隊を襲った罪

 

その男性とは、モフセン・シェカリさん(23)。

 

イランのMizan通信によれば、シェカリさんは9月にテヘランで起きた抗議デモに参加。道路を封鎖し、鉈で治安部隊に襲い掛かった罪に問われていたという。

 

シェカリさんは9月25日に逮捕され、11月20日に死刑判決を受けたそうだ。

 

そして12月8日、シェカリさんに対し、死刑が執行された。今年の9月に抗議デモが起きて以来、参加者が死刑に処されるのは初めてのこととされている。

 

スポンサーリンク

12人のデモ参加者に死刑判決

 

シェカリさんは、「モハーレベ(moharebeh)」という罪で起訴され、これは「神に対して戦争を仕掛ける」という意味があるそうだ。

 

また「モハーレベ」は1979年以来、数十年にわたり他の人々にも適用されており、有罪が確定した場合は死刑に処されるという。

 

今回の抗議活動でも、少なくとも11人の参加者が死刑を言い渡されており、彼らへの執行も実施される可能性が示唆されている。

 

イラン抵抗国家評議会の次期議長であり、イラン人民ムジャヒディンの共同指導者である女性、マリアム・ラジャヴィー氏はこの処刑を非難。次のように述べたという。

 

「投獄された抗議者、モフセン・シェカリ(23)は、ハメネイの命令で処刑された。このことは、イラン革命に直面した体制側の恐怖を示しており、政権転覆される見込みを示している。この悪質な犯罪は、人々の怒りを煽るだろう。勇気ある若者やデモ参加者は黙っていないでしょう」

 

イランでは当初の抗議活動が、聖職者・指導者に対する政権交代要求に変化しており、強硬な治安部隊による弾圧の中で、少なくとも475人が死亡、1万8000人以上が当局に拘束されているという。(了)

 

出典元:INDEPENDENT:Iran carries out first execution of man arrested during protests(12/9)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top