Switch news

知っておきたい世界のニュース

テイラー・スウィフトが苦境に立たされた英学生に資金援助、約300万円を寄付

テイラー・スウィフトが苦境に立たされた英学生に資金援助、約300万円を寄付
Instagram/taylorswift

アメリカ人歌手のテイラー・スウィフトさんが、イギリスの大学に通う学生に資金を援助したとして、注目を集めている。

 

家賃、教科書代、生活費が必要と訴える

 

その学生とは、イギリスのWarwick大学で数学を学ぼうとしているVitoria Marioさん(18)だ。

 

彼女はポルトガルからイギリスへ渡り、4年間も過ごしてきたが、奨学金(メンテナンスローン)や助成金の資格を得られなかったという。

 

そのため学費や生活費の援助を求め、GoFundMeにページを開設。家族には自分を支援する金銭的な余裕がないことや、家賃、コンピューターや教科書の購入費用、生活費などが必要であることなど、自らの苦境を訴えた。

 

Vitoriaさんはクラウドファンディングの目標金額を4万ポンド(約550万円)に設定。すでにページを見てくれた人からも半分近く寄付の申し入れがあった。しかしその後、歌手のテイラー・スウィフトさんが、残りの2万3000ポンド(約310万円)を寄付してくれることになったという。

 

gofundme

数学者になるという夢

 

Vitoriaさんは自分のページにおいて、2016年にイギリスに来た時には英語が話せなかったが、そのハンディを乗り越えて勉強を続け、学校では優秀な成績を収めて卒業したと説明。

 

またポルトガルからイギリスへ渡る前には、母親を残していかなければならず、辛い決断だったと述べている。父親はすでに亡くなっているそうだ。その上で彼女は次のように語りかけていた。

 

「私のストーリーは珍しいものではありません。私の数学者になるという夢は、家族にとって社会的にステップアップする機会になるだけでなく、理想の自分になろうと憧れている同じ境遇にいる人々を鼓舞するものでもあるのです」

 

この内容を読んだテイラーさんは、寄付すること決意し、次のようなメッセージを寄せたという。

 

「Vitoria、私はネットで、偶然あなたのストーリーに出会いました。そして自分の夢を現実にしようとする意欲と、ひたむきさに感銘を受けました。私は、あなたの目標額の残りを贈り物にしたいと考えています。あなたがなそうとする全てに幸運が訪れますように。LOVE、テイラー」

 

この言葉を受け取ったVitoriaさんは「青天の霹靂」だったとし、次のように述べたという。

 

「私はお金のことや、自分がしなければならないこと、そして仕事を探さなければならないかどうか、などとても心配していました。しかし彼女(テイラーさん)が、実際に私の夢を実現させてくれたのです」(了)

 

出典元:CNN:Taylor Swift has donated $30,000 to help a Black London teenager study math(8/21)

出典元:BBC:Taylor Swift’s cash gift helps student take up degree(8/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top