Switch news

知っておきたい世界のニュース

米俳優ショーン・ペン、ウクライナでロシア侵攻のドキュメンタリーを撮影中

米俳優ショーン・ペン、ウクライナでロシア侵攻のドキュメンタリーを撮影中
Операція об'єднаних сил / Joint Forces Operation

2月24日にロシアが侵攻し、戦争状態に入ったウクライナ。アカデミー賞俳優でもあるショーン・ペンは、現在そんなウクライナ国内にいるという。たまたま居合わせたわけではなく、ある目的を持っての訪問だ。

 

ロシア侵攻のドキュメンタリー作成のため

 

ショーン・ペン氏がウクライナにいる理由は、ロシア侵攻のドキュメンタリーを撮影するためだ。木曜日に首都キエフで開かれた、ウクライナ政府による記者発表の場にも出席していたという。

 

ショーン・ペン氏は2021年11月、取材のためにウクライナ軍を訪れていた。

 

▼11月訪問時にウクライナ軍を訪問した時の様子

 

Операція об’єднаних сил / Joint Forces Operation
Операція об’єднаних сил / Joint Forces Operation
Операція об’єднаних сил / Joint Forces Operation
Операція об’єднаних сил / Joint Forces Operation
スポンサーリンク

ウクライナ大統領府も認めた

 

ショーン・ペン氏は、今週にウクライナを再訪問し、イリーナ・ヴェレシュチュク副首相や現地ジャーナリスト、ウクライナ軍のメンバーらと面会しているそうだ。

 

ウクライナ大統領府もこの事実を認めており、「監督はキエフを訪れており、ウクライナで起きていることのすべてを記録し、世界中にロシアのウクライナ侵攻に関する事実を広めようとしています」との声明を、ウクライナ大使館を通して米国内の各メディアに公表している。その中には、「ウクライナの真の友人」とショーン・ペンを表現している部分もある。

 

Facebook/OFFICE OF THE PRESIDENT OF UKRAINE
スポンサーリンク

人道支援家としての顔も

 

ショーン・ペン氏と言えば、1980年代から俳優として活躍し、『ミスティック・リバー』と『ミルク』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した名優だ。

 

そんな彼は、2010年のハイチ地震の被災者支援をきっかけに、自然災害にあった主に低所得者を支援する活動を続けている。また、コロナ禍においては、彼が立ち上げたCORE(Community Organized Relief Effort)という非営利団体がアメリカ国内のPCR検査拡大に一役買ったという。

 

どれが正しい情報かを判断するのが難しい中、彼が記録する「ウクライナ侵攻の真実」を待ちわびている人も多いはずだ。

 

ウクライナのために何かをしたいけれど、ショーン・ペン氏のような機動力を持っている人はそういないはずだ。ウクライナ駐日大使館が寄付先を公開しているので、何かをしたいという思いを届けてみてはいかがだろうか。(了)

 

参考:News Week「Sean Penn Arrives in Ukraine to Film Documentary of Russian Invasion」(2/24)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top