Switch news

知っておきたい世界のニュース

殉職した警察官に同僚が捧げた、吹雪の中の腕立て伏せ

殉職した警察官に同僚が捧げた、吹雪の中の腕立て伏せ
Facebook/Fargo Police Department

吹雪の中、凍った地面に手をついて腕立て伏せをする警官が、米国のメディアに取り上げられて話題になっている。

 

なぜそんなことを?

 

それは、殉職した同僚警察官と警察犬を悼むためのチャレンジだ。

 

殉職警官を追悼する腕立て伏せ

 

今、米国のSNSでは、腕立て伏せを18回するというチャレンジが流行している。

 

Facebookやツイッター、Instagramなどに多くの人が#TBLpushupchallengeというハッシュタグを付けて、自ら腕立て伏せする姿を投稿している。

 

チャレンジとは言っても、回数は18回。特別多いわけではない。体力を誇示するのが目的でなく、警官と警察犬の死を悼むためのものだからだ。18というのは、2019年に入ってから職務中に死亡した警官と警察犬の数。これまでに、15人の警察官と3匹の警察犬が命を落としている。

 

吹雪の日にチャレンジ

 

米国ノースダコタ州ファーゴ警察のNick Janttie警察官は、この腕立て伏せチャレンジ(push-up challenge)にオリジナリティを加え、レベルを一段上げた。

 

ファーゴ警察署がツイッターに投稿した動画には、Jantie警察官が氷点下の吹雪の中、凍った地面に手をついて18回の腕立て伏せを完遂する様子が映っている。

 

 

その通り、我々は少し常軌を逸した。Janttie警察官は、2019年に入ってから職務中に命を落とした15人の警官と3匹の警察犬に敬意を表して、18回の腕立て伏せを行なった。

 

その日の気温は零度だったが、強風が吹いていたため、体感温度はさらに低かったそうだ。ユーザーの質問に対して、警察署は「-40度くらい」と答えている。

 

 

この腕立て伏せチャレンジには、現職の警官だけでなく、一般の人たちも参加している。

 

View this post on Instagram

Honoring a hero that responded to an armed robbery, & was unfortunately hit with friendly fire after the suspect brandished a firearm (fake) to approaching uniformed officers. ••••• This year I’m participating in the #tblpushupchallenge. Push-ups throughout the year for every line of duty death in law enforcement as a way to bring awareness and to Honor the Fallen. ⚫️🔵⚫️🇺🇸 •16 push-ups for Detective Simonsen from NYPD, NY (EOW 2/12/19, Gunfire (Accidental)). •Rest easy, we shall carry the load from here. #thinblueline #lodd #tblpushupchallenge #bornprimitive #athletedrivenpatriotinspired #streetparking #streetparkingmembers #crossfit #k9sleadtheway @buckeyesteve97 @bornprimitive

A post shared by Trenton Shively 🇺🇸 (@tfshively) on

(了)

 

出典元:Valley News:Fallen officers honored in #TBLPushupchallenge(2/9)

出典元:Liftable:Cop Does 18 Pushups During Snowstorm To Honor Fallen Officers(2/16)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top